プロの現場で生まれた『イラストの描き方講座』

「明確なモチーフ」に注目! ワンランク上の擬人化テクニック

Title line
「明確なモチーフ」に注目! ワンランク上の擬人化テクニック

「擬人化」とは、動植物や無機物など
人ではないものを人に見立ててキャラクターを生み出す
ことを指します。
お絵描きサイト『pixiv』『ニコニコ静画』などでも
擬人化作品は数多く投稿されており、既に挑戦したことがある方も多いかもしれません。

実は、たったひとつの簡単なポイント押さえるだけで
元のイラスト感のイメージを損なわずに描ける
ことをご存じですか?

今回は、こちらの「光の剣」を元に
・剣に宿る精霊風のキャラクター
・性別:女性

という設定で擬人化されたキャラクターを描いてみます。
イラストの「意図」を一緒に考えてみましょう。

 

 

下準備:要素の整理

目に入ったものから「なんとなく描き始める」のはNG
的確なアイデアを出す為に
まずは、元のイラストを正しく認識することから始めます。

印象的な要素を洗い出す

・イラストがどんな要素、素材で構成されているのか
・パーツを分解した際にどれが特に目立つか

を分析します。
イラストを見ると
・金×青の配色
・羽根
・ワンポイント:宝石、ベルト、紋様、リング
というモチーフが印象的ですね。
この中で特に目立つ物を2~3点に絞り、メインとなるモチーフを決めます

「メインモチーフ」を明確に決める、それだけ!

擬人化で必須のポイントは、実はこれだけ。すごくシンプルですね。
特に
・イラストで最も大きく描かれているもの(画面の中で最も面積が大きいもの)
・繰り返して表現されているもの

は、最も重要なパーツとなるので必ずチェックしてください。

今回のイラストの場合
・最も大きい刃先の配色:青×金
・3か所取り入れられている「羽根」
が印象的なので、このふたつメインモチーフとして使います。
羽根は天使を連想させ、神聖さや美しさを表現しやすい要素なので
光の剣のイメージとも合致しそうですね。

作者の意図を想像する

少し難しいテクニックですが
・メインモチーフはどのような意図で描かれたのか
・作者が推したいポイントはどこか
という「作者の狙い」を意識
できると、より良いイラストになります。

いざ擬人化を描く

擬人化で重視されるのは
「元のビジュアルを上手くキャラクターに取り入れているか」
です。
元のイラストと擬人化キャラの関連性を出す為に
・メインモチーフ(羽根)の装飾を多く入れる
・青×金という配色を揃える
というポイントを重視して制作します。

モチーフ1:羽根のフォルムは目立たせたい部分に使う


キャラクターイラストでは、顔に視線が集まりやすいので
羽根をあしらった装飾を顔回りにふんだんに取り入れました。
また、宝石部分は元の剣で使用されているグリーンとブルーを
スポイトツールで抽出して使い、元イラストのアクセントとして加えました。
バストアップでトリミングしても、「光の剣」の擬人化ということがわかりますね。

モチーフ2:剣の模様をパターン化

 
剣の模様を布の柄として衣装に取り入れました。
・青い布
・繰り返し使う金のモチーフ
によって、剣の配色である青×金の組み合わせを強調しました。

モチーフ3:甲冑や細部のデザインにも装飾品と配色を使う


肩当ての配色は、剣の持ち手に使われた白×金の組み合わせにしました。
こうした細かな部分を描く場合でも、元の色やデザインを積極的に入れることで
全体のまとまりが出やすくなります

モチーフ4:全体の印象にも要素をプラス

最後の仕上げに
・背中に大きな翼
・装飾、フリルの一部にも羽根を意識したデザイン
・金×青×白のエフェクト
をプラスして仕上げました。
とても豪華な擬人化イラストに仕上がりました。

密度が高いイラストでも、メインモチーフ、メインカラーのふたつを抑えることで
元イラストをわかりやすく連想させる
ことができます。

その他のバリエーション

他のモチーフを使ってもOK

模様、剣の流線型のフォルム、ベルトなど
印象的な他の要素をメインにしても良いですね。
メインモチーフによって表現が大きく変わる点も、擬人化ならでは面白みと言えます。

注意!メインにしにくい要素

宝石は汎用性が高い素材なので、メインにすると個性が出しにくいです。
アクセントとして使うなど、使用する部分を限定しましょう。
是非、素敵な擬人化イラストを制作してみてくださいね。


いちあっぷ講座キャンペーン

液タブ&人気ギフト券が当たるイラスト募集キャンペーン


End banner v8 a

イラスト制作の現場で生まれた育成プログラム


記事のシェアはこちらから!

おすすめ

新着