プロの現場で生まれた『イラストの描き方講座』

生配信は2000回以上!SNSで未来を掴め 若手イラストレーター① こうましろ

Title line
生配信は2000回以上!SNSで未来を掴め  若手イラストレーター① こうましろ

若手イラストレーター×SNS

「有名になりたい」「もっと作品を多くの人に見てほしい」

そんな思いを抱きながら、イラストを描く人は多いはず。でも、そのために努力している!と胸を張って言える方は、どれくらいいるのでしょうか。

 

 

若手イラストレーターのこうましろさんは、作品を少しでも多くの人に届ける為に『ニコニコ生放送(通称:ニコ生)』でイラストの配信を開始。その回数はなんと2000回以上!今まさに有名イラストレーターへの道を歩み始めている、若きイラストレーターの姿に迫ります。

こうましろのイラストこうましろ

目指すキッカケはCDジャケット

「イラストを本格的に描き始めたのは大学1年生です。以前買ったsupercellさんのCDジャケットで、redjuiceさんが描いたイラストを見て『イラストレーター』という職業に興味を持ちました。ネットで情報を調べ始めるうち、いつから始めてもプロになれる可能性があると思ったのもイラストレーターを志望する後押しとなりました。」

 
どうしたら作品を見てもらえるのか?

イラストのお仕事をする為に、まずは知名度をアップさせなくてはいけないと思いました。pixivなどのイラストSNSの更新頻度を上げましたが、イラストを描き始めた当時は絵をあまり見てもらえませんでした。」

 

実はこの問題は、若手イラストレーターを悩ませる問題のひとつ。イラストSNSが巨大化するにつれて、ランキング上位のイラストレーターは固定される傾向にあります。

イラストメイキング生配信という選択肢

こうましろのイラスト

そんな中、彼が着目したのは『イラストSNS以外』の方法。Twitterのキャス機能やニコニコ動画の生放送など、作り手と閲覧者が直接コミュニケーションを取れる場はイラストSNS以外にも数多くあることに気付き、積極的に活用しはじめます。

 

「少しでも自分の作品を知ってもらえるように、イラストのメイキングを配信しました。Ustreamなども使いましたが、最も気軽にできるニコ生に落ち着いています。」

配信回数は、実に2200回以上!

「配信にナンバーを付け始めたのは後のことなので、画面の向こう側のリスナーや、何かしらの作業をしながらでも配信を見てくれているリスナーがいるという事実が絵を描くための刺激になります。また絵を見てもらえるだけで嬉しいので、配信をこまめにやっている感じです。」

 

―― 配信を通じて変わったことは?

「周りに絵を描く人が全くいなかったので、今も仲良くしている仲間が出来たことも嬉しかったです。(イラストを描いているのは)自分一人じゃないんだなと思いました。」

大手SNSも並行して活用

「また配信以外にも、作品を発表する場を作っています。当時はpixivに毎日イラストを投稿しており、このときが今につながる大切な時期となりました。日頃は他の作家さんの作品をよく見てイラストの流行を調べたり、自分がいいなと思った塗り方や絵柄を参考にして描いています。」

 

手ごたえが、数字になる

壁サークル&フォロワーが60,000人に

動画の配信と毎日のイラスト更新による努力の結晶は、目に見える形で表れてきたんだとか。2回目のコミケでは人気作家と並ぶ壁配置に。またtwitterのフォロワーも60,000人を超えました。


「最初はなんとなく描いていましたが、毎日のイラスト更新やニコ生配信を3年以上継続して、目的をもって絵を描くことの大切さが分かったような気がします。また自信が無かったのですが『かわいい』など、絵に意見を貰えるようになって少し自信がつきました。」

イラストの仕事にも影響が

 「SNSで公開した作品をきっかけに、大手ゲーム会社のイラストや、コミカライズのお仕事も担当しました。始めてもらえたお給料がすごく嬉しかったのを覚えています。僕はイラストを描きはじめたばかりですが、決めた目標を達成し続けて今に繋がっていると思います。」

夢はまだまだ続く

「まだ大学生なので学業と仕事の両立が大変ですが、絵でご飯を食べられるようになりたいので出来る限りたくさんの仕事を受けいきたいです。また絵ももっと上手くなりたいので、色々な物を見て沢山描く事を継続していきます。」

 

―― 今の夢はなんでしょうか。

「いつか、アニメのEDカードが描きたいです。また自分の思い入れのある業界で、自分の作品を世に出したいです。自分のイラストが使われたカードゲームを持参して、勝負ができる日がくるといいですね。」

 

若きイラストレーターと、未来を繋ぐSNS。継続した努力で育てたつぼみが、大輪の花を咲かせる日はそう遠くないのかもしれない。

こうましろ プロフィール

プロフィール画像

 
イラストレーター。『ラン・オーバー』(講談社ラノベ文庫)、『神候補たちと冥王の剣』(富士見ドラゴンブック)の表紙及び挿絵担当。『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』公式コミックアンソロジーに参加。ゲームでは『ミリオンアーサーエクスタシス』(SQUARE ENIX)など幅広いジャンルに参加している。絵を描き始めて僅か数年でイラストレーターとして活躍する期待の新人である。

◆Twitter https://twitter.com/itsuwa0815

◆pixiv http://www.pixiv.net/member.php?id=4493551

 


End banner v8 a

イラスト制作の現場で生まれた育成プログラム


記事のシェアはこちらから!

おすすめ

新着