プロの現場で生まれた『イラストの描き方講座』

シンプルな雲から複雑な積乱雲まで描ける! 夏空の描き方講座

Title line
シンプルな雲から複雑な積乱雲まで描ける! 夏空の描き方講座

青い空と、もくもくとした入道雲――

見ているだけで懐かしい気持ちになる、夏の情景。

そんな背景を描いてみたい方はいませんか?

今回は、イラストレーターのすけべ椅子さんが教えてくれる
「夏空の描き方講座」をお届けします。
記事の後半にはPalmieでの動画解説もありますよ!

 

 

今回の講座では
■前半:基本となる「積雲」の描き方
STEP1 積雲のアタリの取り方
STEP2 背景の空の塗り方
STEP3 積雲ベースの塗り方
STEP4 積雲の描きこみ方
■後半:応用編である「積乱雲」の描き方
STEP5 積乱雲のアタリの取り方
STEP6 積乱雲のベースの描き方
STEP7 積乱雲の描き込み方
SETP8 小技

という段階別に解説を進めます。
雄大な夏の空にチャレンジしてみましょう。

STEP1.積雲のアタリの取り方

キャンパスサイズ26cm×15cm 150dpiにしました。
制作の際は、画面を拡大しすぎず
常に遠くから見るように心がけて進めます。

雲を描くポイントは立体感です。
雲の形状を、球体の集合体と捉えると描きやすくなります。

 

STEP2.背景の空の塗り方

機械的に見えないように
画面下を明るく、画面上を暗くして色ムラをつけます

ベタ塗りの後に、不透明度の低いブラシを使い
画面下の色をスポイトで取りながら塗った後
エアブラシで、ところどころをぼかします。

 

STEP3.積雲ベースの塗り方

空の上に新規レイヤーを作り、雲(積雲)描いていきます。

ブラシ、消しゴムツールを使いながら進めます。
ポイントは繰り返しになりますが「雲を球体の組み合わせ」と捉えて描くことです。

塗った部分が均一にならないように注意しながら、
雲のエッジが滑らかになるように、指先ツールで均していきます。
強さは50%程度が良いでしょう。
中心から四方八方に押したり引いたりしながら
大き目の筆で大まかに伸ばす→小さい筆で細部を伸ばす
という順序で進めます。

STEP4.積雲の描きこみ方


空の色より少し明るめの色を使って雲に影を描きます
空の色をスポイトにとり、彩度と明度を調整しながら進めた後
先ほどと同様に、稜線を指先ツールで伸ばします。
 

稜線をエアブラシでなぞり
雲、稜線、影のそれぞれの中間色を使って立体感を強調します。
色数を増やすと難度が上がる為、こちらの工程では増やしませんでした。
(増やしたバージョンは、STEP8の小技でご紹介します)
先ほどと同様に、中間色を使って立体感を強調した後
雲の下に反射光を入れれば、積雲の描き方は完了です。

さて、ここからは応用編です。すこし複雑な「積乱雲」の描き方を解説します。

STEP5.積乱雲のアタリの取り方

アタリは積雲と同様に、球体の組み合わせを意識して描きます。

アタリから実線を起こします。
雲全体は、気流と風の向きを意識すると良いでしょう。
・空の上部:風で雲が流される(画面右から左へ風が吹いている)
・空の下部:気流が安定しているので、雲がもくもくしている

というイメージです。

 

STEP6.積乱雲のベースの描き方

アタリ、ベースの色味は積雲と同じです。
下の雲ではもくもく感を出すため、サイズの小さな指先ツールを使い
なるべく輪郭が大きくぼやけないように描きます。

上の雲は雲の形を描くのにエアブラシを使い、指先ツールは長く大きく伸ばします

STEP7:積乱雲の描き込み方

影を描き、明るい部分の稜線を指先ツールでのばします。
積雲と同様に、エアブラシで稜線を中間色でなじませます。

その後、描写を詰めていきます。

描き込む場所は「目立つ場所」をメインに進めます。

 

STEP8:小技

薄い巻雲や、飛行機雲を入れると見栄えが大きく変わります。

 
影色にもう一色プラスすると、雲がしまって見えて立体感と雄大さが出ます。

 
いかがでしたでしょうか。
夏の雲、是非チャレンジしてみてくださいね。

 

 
こちらの動画では、実際の筆の動かし方も含めて、より詳しく解説されています。
ぜひ、チェックしてみてください。

 

夏空の描き方講座 by すけべ椅子|マンガ・イラストの描き方講座:お絵描きのPalmie(パルミー)

 
【クリエイター紹介】
すけべ椅子
pixiv

 

関連商品


いちあっぷ講座キャンペーン

液タブ&人気ギフト券が当たるイラスト募集キャンペーン




Palmie screen image
イラストの描き方が学べる! イラスト学習サイト


End banner v8 a

イラスト制作の現場で生まれた育成プログラム


記事のシェアはこちらから!

おすすめ

新着