プロの現場で生まれた『イラストの描き方講座』

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)で大勢の観客を一気に描く裏ワザ

Title line
CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)で大勢の観客を一気に描く裏ワザ

大勢の人物や、一面の芝生、ビル群など
同様のモチーフを大量に描くのはすごく大変ですよね。
でも、安易にコピー&ペーストをしてしまうと
貼り付けた感がバレバレになってしまいます。

今回は、コピー&ペーストに見えないように
「CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)を使った、大勢の観客の描き方」をご紹介します。
一度マスターすれば、木や花などの自然物など、幅広く応用できますよ。

 

 

素材の登録

人物を簡単に2~3体描いた後
ポーズ、髪型、服の色を変化させて、バリエーションを作ります。

 
これを素材パレットの「画像を素材として登録」を実行し
ブラシとして、ひとつずつ登録します。

続いて、
ブラシツールのサブツール詳細パレット
を開き、「ブラシ先端」を選択後、
「先端形状」⇒「素材」
に設定し、登録した素材(ブラシ先端形状)を呼び出します。


 

 
こちらで下準備はOKです。

群衆ブラシを作る

登録した素材を複数組み合わせた「群衆ブラシ」を作ります。
設定は
・厚さ:100
・厚さ影響元設定:ランダム/85
・ブラシ濃度:100
・ブラシ濃度影響元設定:筆圧のチェックを外す
にします。
結果を試しながら
・散布効果:粒子サイズの向き
・ストローク:ブラシの間隔、繰り返し方法
で細部を調整します。

 
よりランダムに見えるように
各素材の並び順が異なる、別パターンの群集ブラシも作成
しておきましょう。

一列ずつ群集を配置

直線定規に沿って、群衆ブラシを配置していきます。
・一列ずつ
・各群衆ブラシの大きさを変える
ことで、機械的なコピー&ペーストに見えにくくなります。

 
全ての列を並べ終えたら、「自由変形」でパースがつくように
群集全体を変形します。


 
最後に
・群衆の影を描くための黒い四角形を背面に置く
・色相と彩度を調整
を行います。

仕上げ

全体が馴染むように
境界線をぼかし、遠方が薄くなるようにスクリーンレイヤー重ねて完成
です。

 

いかがでしたでしょうか。
是非マスターして、時間短縮テクニックとして使ってみてくださいね。


End banner v8 a

イラスト制作の現場で生まれた育成プログラム


記事のシェアはこちらから!

おすすめ

新着