プロの現場で生まれた『イラストの描き方講座』

絵柄の個性はさほど重要ではない? 先輩イラストレーターのウラヂカとユウキリリーがギモンに答えてみた

Title line
絵柄の個性はさほど重要ではない? 先輩イラストレーターのウラヂカとユウキリリーがギモンに答えてみた

前回に引き続き、イラストレーターのユウキリリーさんがイラストレーター業界について探っていくコーナー。

イラストレーター×先生の二足のワラジ!専門学校の先生ふたり ホンネ対談

続きを読む

 

今回はフリーイラストレーターとして活躍されているウラヂカさんと一緒に、イラストレーターとして活動していく中の疑問について答えていきます。

 

 

 

 

こんにちは!ユウキリリーです。
今回はゲーム会社勤務から専門学校へ転職をされ、学校を退職後、フリーイラストレーターとして活躍されているウラヂカ先生にいろいろ聞いちゃいます!
フリーイラストレーターの分野ではかなりお世話になっている先輩で、改めてこういう話ができることが光栄です!

作家紹介 

ウラヂカさん

 
ユウキリリーさん

 

個性より、いかにクライアントに応えられるか

 

今回も質問テーマに沿ってお話をしていきます。 
では、最初のテーマはこちら! 

 

私の描くイラストに個性がありません。イラストのお仕事はできますか? 

 

個性!私もほしい! 

 

パッと絵を見て「あ!このイラストレーターさん知ってる」って感じですかね?でも、ウラヂカさんの絵は特徴ありますよね。でも、いろんなテイストも描けるからすごいですよね! 

 

 
ウラヂカイラスト1

 
ウラヂカイラスト2

 
ウラヂカイラスト3

 

 

ありがとうございます。 

でもあまり自分の絵柄にこだわり過ぎないように注意していますね。もちろん、お仕事でイラストを描くときの話ですが。 

 

敢えて、自分を出さないようにしているんですか? 

 

はい。フリーのイラストレーターになってから、色んな業界に絵のニーズはあるんだと感じました。 

キャラクターや背景はもちろん、カットイラストや、漫画などなど……。

クライアントさんによって、必要としている絵柄や雰囲気が違うので、まずはそれを最優先します。 

 

なるほど。 確かに超萌え系のゲームイラストの依頼を、劇画タッチで描いたらクライアントもビックリしますもんね。 

 

オリジナリティも大切ですが、特別な個性が無くてもイラストレーターにはなれると私は思うんです。 

 

背景にいるモブキャラクターから個性バンバン出てても嫌ですもんね(笑)

 

それはそれで、見たいかも(笑) 

なので、大切なのはやっぱり基礎画力ではないでしょうか。 

 

基礎画力というと? 

 

デッサン力であったり、色の知識であったり、絵を描いていくときの基礎的な部分です。

基礎画力はトレーニングでドンドン身につくので、まずはそこをしっかりと鍛えるのが重要ですね。 

 

もちろん自身の絵柄が確立されていて、人気のある作家さんも沢山います。 

でも、個性が無いとイラストレーターになれないわけじゃ無いはずです。 

 

色んな絵柄が描けるのも一種の個性ですし、 絵柄だけが全てでは無いですもんね! 

発注に繋げる第一歩は「クライアントの希望を超える」こと!

お仕事をいっぱい貰えるテクニックを教えてください! 

 

いや!こっちが教えてほしい!(笑)

 

初めての人から発注を貰うテクニックは営業方法にもよると思いますが、一度もらったお仕事ではクライアントの要望を超えるクオリティで納品して、次の発注に繋げられるように心がけています。 

 

例えばクライアントさんが、可愛らしいイラストをカットで使いたいときは、イメージを固めやすいようにそのテイストのイラストサンプルをいくつか上げて、話し合いを行います。 仕事がやりやすいと感じてもらえれば、継続して発注をしたいと思ってもらえますよ。

 

 
ウラヂカイラスト4

 
ウラヂカイラスト5

 
ウラヂカイラスト6

 

わぁ!どのテイストにしようか決めやすいですね!

 

必ずしも絵を描ける方が発注してくださる訳では無いですからね。イメージを共有するためにサンプルをみせるのは大切ですよね。 

カットイラストにもテイストが色々あって、イメージを固めておかないと大変ですもんね。

 

クライアントの想像を超えるためには、遊び心が大切だと思うんですよ。 

 

見て楽しんでもらうツールを作っているので、そこはいつも心がけるようにしています。 

 

そこができる方は、またお仕事お願いしたくなりますもんね。 

 

あと、クライアントさんから相談されるような関係になれると嬉しいですし、長い付き合いを築けます。 

 

こんな案件があるんですが、どういったイラストがいいですかね?って聞かれると、信頼されてる実感が湧いて、嬉しいです。

「ウラヂカさんに発注してよかった!」といって貰えるのは、本当にイラスト描いててよかったーって思う瞬間です。 

 

もしかしたら、そういった信頼関係を築くことがお仕事を貰う1番のテクニックかもしれませんね。 

 

そうかもしれません。自分が楽しむ為のテクニックでもありますね。 

食い違いを避けて、お互いがハッピーに!

 

イラストのお仕事をしています。チェックバックがかなり多く心が折れそうです。どうすればいいでしょう? 

 

頑張って修正するしかない……。

 

そうですね……。一度クライアントさんにあって直接話をしてみてもいいのではないでしょうか? 

 

ウラヂカさんは、直接クライアントさんに会って打ち合わせをすることが多いですか?

 

はい。そっちの方が早いですし、イメージも伝えやすいです。なによりあって話す方が楽しいんです。

 

ご飯食べたりしながら、ふと話したことがいいアイデアになったりしますもんね 。

 

はい。なによりお仕事をする上で大切なのがそのプロジェクトに関わっている双方がある程度、同じ方向性を把握してお仕事進めていくことだと思います。 

 

すり合わせをしっかり行うってことですね。 

 

方向性の食い違いで何度も同じ修正を重ねてしまっては、お互いにいい思いをしません。 なので、会って話すというのは大切だと思います。難しかったら電話やスカイプを使っても良いですね。文字だけで会議をするよりはそういったツールも使いながらイメージを共有するのも大切です。 

 

自分に合った働き方を探してみよう

 

就職するか、フリーでイラストレーターをするか悩んでいます。どちらの方が良いとおもいますか? 

 

 

どちらでも!全ては己次第! 

 

終わっちゃった!(笑) 
確かにそうですが、就職もどういったところに入社するかで、また違いますよね。 

 

そうですね。この方はゲーム会社への就職を希望されているようです。 

 

私自身もゲーム会社で働いていた経験があるのですが、やっぱりそこで学んだ事は今でもかなり役に立っていますね。 
先ほどもお話しした「絵柄のテイストを合わせる」というのもゲーム業界では必須のスキルになので、骨身に染み付いているというか。 

 

僕も専門学校で働いていますが、書類の作成方法や、社会マナーなども職場で学びました。大変なことも多いですが、それ以上に得たものがかなり多い気がします。 

 

ゲームやイラストの業界に就職すると業界の方とも知り合えるので、就職には給与の安定だけではなくそのようなメリットもありますね。 

 

迷っているならまずは業界に入ってしまってもいいのではないでしょうか。
逆にフリーイラストレーターになられて、これはいいなって思うところは? 

 

やっぱり時間が自由に使えるところは良いですね。 
時間の使い方は全て自己責任ですが、そこがいい部分でもある、と感じます。 

 

私は会社勤めしていないと、ダラダラ動画ばかり見てしまいそうで、ちょっと向いてないかも。
副業としてのイラストの仕事をすることが、自分には合っています。

 

人によって働く形態が選べる時代なので、自分にあったスタイルを探すことをオススメします。 

まとめ 

今回はフリーイラストレーターのお仕事に関する心がけや働き方についてお話ししていただきました。やっぱり人と人でお仕事は成り立っています。お互いが良いものを作ることに一生懸命になることの大切さを改めて感じました。

 

個性がないことはデメリットではなく、「どんな希望の絵柄にも合わせられます!」というアピールポイントになります。

 

こういった発想の柔らかさを持つことも才能のひとつなんですね。

 

どんどん自分ができることを活かして、自分に合った働き方を見つけてみましょう。

ウラヂカ/フリーイラストレーター

HP http://uradika.com

Twitter https://twitter.com/uradika

 

イラストレーターと言っても表現の仕方、働き方は本当に多様だと思います。

どんなイラストを描きたいのかと同時にどのような働き方をしたいのかを考えると自分がどんなアプローチをすれば良いのかが見えてくると思います。

 

イラストを仕事にしたい人は、自己プロデュース、自分の売り込み方を考える時間が必要です。

 

私は元々絵を描くのは好きでしたが自分を売り込むのが苦手で……

でも自信のない人間を誰も使ってくれません。

 

イケイケキャラを一人頭の中で飼うのがおススメです。

「私の絵なんて……」と思う時でもポジティブに自分の強みをバチーン!と言える自分を作ると良いです。

 

私は「絵を描いて生活したい」という目標を元に動いているのですが描くことと同じくらい営業、人とのつながりって大切だなーと改めて実感しています。

 

イラストを描くのが好き!という人はそれが何よりの強みだと思いますので一緒に頑張りましょう。


[著・ユウキリリー] 

pixiv http://www.pixiv.net/member.php?id=1227005

Twitter https://twitter.com/kslili1987

専門学校の教員をしながら、イラスト、漫画を描いています。

もっといろんな絵を描いて皆さんに喜んでいただければと思います! 

 
 
【撮影協力】

樽本 佳昭

杉浦 由紀

 
【取材場所提供】

べるまじお

〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-2-1 B1

地下鉄堺筋線 堺筋本町駅 1番出口 徒歩2分 

 

End banner v9

イラスト制作の現場で生まれた育成プログラム


記事のシェアはこちらから!

おすすめ

新着