初心者の「なぜか上手く描けない」を解決!ポーズの描き方テクニック編

初心者の「なぜか上手く描けない」を解決!ポーズの描き方テクニック編

今回は初心者が陥りがちな描き方を原因から突き止めて解決を目指す講座「なぜか上手く描けない」シリーズです。今回もこちらの「目の描き方」編でご紹介してくれたyaki*mayuさんが担当します。

 

ポーズの描き方をテーマに、ありがちな失敗例、それを上手く描く方法をご紹介します。

 

読んでいて心当たりがある方は、本講座を機会にいちあっぷしよう。

 

▼目次

なぜ色々なポーズが描けないのか

ポーズが上手く描けない理由1:「単調になってしまっている」

ポーズが上手く描けない理由2:「知らないことが実は沢山ある」

解決!色々なポーズが描けるテクニック

 

 

 

なぜ色々なポーズが描けないのか

少し絵が描けるようになると、「色々なポーズを描けるようになろう!」と思ってチャレンジしてみたりしますよね。しかし、始めはなかなか上手く描けなかったりします。
 

ポーズの描き方

例えば、こんな感じのポーズになってしまう場合です。ポーズが硬く、キャラクターが生き生きとしていない印象です。一体何がいけないのでしょう?

 

今回はそんな「なぜか上手く描けない!」の「なぜか」をハッキリさせて、解決する方法を紹介します。

 

ポーズが上手く描けない理由1:「単調になってしまっている」

まず、「なぜか上手く描けない!」イラストをよく見てみましょう。
 

ポーズの描き方

肩から手まで全て同じ太さになっています。また、胴体にもほとんど強弱がありません

 

ポーズの描き方

人間の体は、「骨格の強弱」(手首や腰が細い、骨の出っ張り)があったり、また、「筋肉の動きによる強弱」(肩や前腕が盛り上がったり)があります。

 

これが「なぜか上手く描けない」の「なぜか」のひとつです。「単調になってしまっている」と、下手な印象になってしまいます。

 

ポーズが上手く描けない理由2:「実は知らないことが沢山ある」

始めて描くポーズのときに「なぜか上手く描けない」のは、実は「知らないこと」がたくさんあるからです。

 

今回のイラストの「知らないこと」は、次のようなことです。
 

ポーズの描き方

腕を上げると、上げた方の肩が一緒に上がります。

 

また、「なぜか上手く描けない!」イラストは体の向きが真正面を向いていますが、実際に右のようなポージングを決める場合、体が少し沿ったり、角度が変わったりと、自然と動きが加わります。

 

ポーズの描き方

また、「なぜか上手く描けない!」イラストは右手の手の平が全く見えていませんが、実際にこのようなポーズをとってみると、右手の手の平が少し見える方が自然です。

 

左手は、この角度でグーにして女の子ポーズをとると、手の平が少し内向きになることもわかります。

 

ポーズの描き方

今回のポーズの場合、腕を曲げたとき少し重なる部分ができます。

 

これらのような「知らないこと」が積み重なると、下手な印象になってしまいます。なにより一番の問題は、「知らないこと」は普通に描いているだけでは「滅多に気づかない」ことです。

 

解決!色々なポーズが描けるテクニック

「強弱がない」のと「知らないことがある」と、下手に見えることがわかりましたね。

 

では、どうしたら解決できるでしょう?

一番簡単なのは、「実際のポーズ」を見ながら描いていく方法です。

 

ポーズの描き方

まず鏡の前でポーズを取ります。性別が違っても、なりきることが大切です。このとき軽くスケッチしたり、写真に撮っておくと、この先の作業が楽になります。
 

ポーズの描き方

実際のポーズを元に、体のベースを描きます。

 

体の「向き」や「角度」、手の「向き」や「位置」などに注意しましょう。思い出せないときは、再度鏡を見たり、実際にポーズをとったりしながら「位置」や「向き」を確かめましょう。

 

ポーズの描き方

ベースに肉付けをします。骨格の強弱や、筋肉の動きによる強弱を意識しましょう。女性キャラクターなら、胸の肉も付けましょう。

 

作業中に、強弱が思い出せなかったり、少しでも違和感があったら、鏡や写真を確認しましょう。最初は大変ですが、身につくまでの辛抱です。
 

ポーズの描き方

服や髪、顔などを下描きに付け足して、清書したら出来上がりです。

 

最後に

以上で今回の記事はおしまいです!

色んなポーズを描こうとして上手く描けないときに、人体の勉強から始めると大変ですよね。

 

そんなときは、この方法を使ってみてください。趣味のイラストで、複雑なアングルや激しい運動シーンなどでなければ、この方法で充分だと思います。

 

また、この手順を繰り返すと「何も考えずに描くよりも、早く上達する」ので、是非やってみてください。繰り返すことでいろんなポーズの描き方を身につければ、自然と何も見ないで描けるようになります。

 

まとめ

 「なぜか上手く描けない!」の「なぜか」は

  •  単調になってしまっている
  •  実は知らないことがたくさんある

 

 「解決方法」は

  •  実際のポーズを見ながら描いていく

 

これからも頑張って、いちあっぷしていきましょう!それでは、ありがとうございました。

 

著・画 yaki*mayu
 

yaki*mayu

web: http://yakimayu.com

twitter: https://twitter.com/yaki_mayu

Pixiv: https://www.pixiv.net/member.php?id=1689995

 

フリーランスのイラストレーター。萌系イラスト中心で主にソーシャルゲームなどのキャラクターデザイン、スチル、カードイラストなどのお仕事をいただいております。晋遊舎「デジ絵の文法」「イラストレーションスーパーテクニック」での執筆や、オンラインイラスト講座サービス「Palmie」で講師をさせていただいたりと、絵の先生としても活躍させていただいています。

イラストの疑問や悩みをプロに相談してみませんか?

いちあっぷゼミは、デジタルイラストをプロの個別指導付きで本格的に学ぶことができるオンラインイラスト講座です。

keyboard_arrow_right 詳細を見る
いちあっぷゼミ