球体のガイドラインを引いて、平面的なイラストを解消しよう!

球体のガイドラインを引いて、平面的なイラストを解消しよう!

立体的に描くことは、画力向上するうえで必要なスキルです。

ですが、いざ立体的に描こうとしても、

  • 奥行きを出しているつもりなのに伝わらない
  • パースとかよくわからない
  • エフェクトをつけても平面的になってしまう

など、悩んだ経験はありませんか?

 

今回は駆け出しのイラストレーターとして活動している、りんござかまりこさんの経験談をもとに、

  • 絵が平面的になる原因
  • 絵が平面的にならないための方法

をご紹介していきます。考え方のひとつとしてご参考ください。

 

▼目次

絵が平面的に見える原因は画面を平面で捉えているから

立体イメージを掴むためには

 1.アオリやフカンで描いてみよう

 2.画面を球体で捉えてみよう

空間作りテクニックのまとめ

 

 

絵が平面的に見える原因は画面を平面で捉えているから

絵が上手に描けない

平面的に描いてしまうのは、見た画面をそのままの「平面」として認識しているからです。

 

その為、顔や身体に何となく角度がついているのは分かるものの、モチーフの側面がどうなっているかは曖昧です。

絵が上手に描けない

原因はモチーフを頭の中で立体(3Dモデル)へと変換できていないからと考えます。

絵が上手に描けない

この立体的に捉えて描く技術は、イラストを上手に描くための重要なスキルです。活躍しているイラストレーターの多くは、このスキルをあたりまえのように使いこなしています。

絵が上手に描けない

しかし、立体の認識が弱い人は「奥行き」や「空間の出し方」「近景・中景・遠景」などを説明してもらっても、ピンっと来きません。それは平面的に見るのが癖になっているからだと考えられます。

立体イメージを掴むためには

では、平面的に見てしまう癖を解消する2つの方法をご紹介します。

1.アオリやフカンで描いてみよう

正面や斜めなどの構図を封印し、なるべくアオリやフカンで描くように心がけましょう。角度がつく為、強制的に空間を意識した描写になります。

2.画面を球体で捉えてみよう

画面を「面」ではなく「球体」でとらえましょう。これだけでは意味が伝わらないので、下図をご覧ください。

絵が上手に描けない

まず、ラフ絵を面で見たときの認識です。

絵が上手に描けない

次に、ラフ絵を球体で捉えます。球体で画面を見ることで、強制的に空間を感じることができると思います。

 

この状況を簡単に述べると、公園の回る遊具「グローブジャングル」の中に、キャラクターとオブジェクトが入っている認識です。

絵が上手に描けない

一度描いてみたラフ絵に、球体のガイドラインを貼ってみると、

  • 球体特有の中央から端に寄るにつれ空間が詰まってくる感じ
  • 手前に来る赤線と奥の青線

で球体の中の空間を感じることができるのではないでしょうか。

絵が上手に描けない

球体のガイドラインに合わせてエフェクトを描けば、空間を演出しやすく、奥行きや前後感も出しやすいかと思います。コツとしては、地球の周りに雲を描く感覚です。

空間作りテクニックのまとめ

今回の講座でお伝えした2つのポイント

  1. アオリやフカンをつけて描く
  2. 画面を球体でとらえる

これを踏まえて、先ほど紹介したラフイラストを完成したものがこちらです。

比較

△右:最新イラスト 左:過去イラスト

 

過去イラストと比べて、奥行きや空間が出ており、平面さは解消されたと思います。

 

絵をある程度描けるようになったら、このような考え方で空間を意識するのも、画力のいちあっぷにつながることでしょう。

著・画 りんござかまりこ

りんござか

Twitter|@mariko_0913

pixiv|http://www.pixiv.net/member.php?id=6199553

2015年に専修大学を卒業と同時に絵を本格的に描き始めました。

2017年現在、某専門学校に1年だけ在籍中。ガールズモードの新作やマリオオデッセイが楽しいです。
 

イラストの疑問や悩みをプロに相談してみませんか?

いちあっぷゼミは、デジタルイラストをプロの個別指導付きで本格的に学ぶことができるオンラインイラスト講座です。

keyboard_arrow_right 詳細を見る
いちあっぷゼミ