プロの現場で生まれた『イラストの描き方講座』

配色の比率は70:25:5! キャラクター配色の決め方 基本編

Title line
配色の比率は70:25:5! キャラクター配色の決め方 基本編

「配色は感覚で決めている」

という人はいませんか?

適当に色を組み合わせるとメリハリがなくなったり、けばけばしくなったり、キャラクターの印象が大きく変わることもしばしば。

実は、配色は論理的に決めることができます。

今回は理論に基づくキャラクターの配色の仕方を学びましょう。

ちょっとの工夫で、イラストが見違える程変化するかもしれません。

 

配色の基本的な考え方

多くの色を使いすぎるとキャラのイメージがぼやけて伝わりにくくなります。そこで、色数を制限し規則性を持たせることで見やすくなり、印象に残るキャラクターにすることができます。

覚えておきたいことは、「ベースカラー:サブカラー:アクセントカラー = 70:25:5」という法則です。


 

ベースカラー

ベースカラーとはそのキャラクターを象徴する色=メインカラーのことです。名前を覚えていなくても「あの赤っぽい服のキャラクター」と思い出せるくらいに面積を多く占めます。一番の肝になる色なので、最初に決めておくとサブカラー、アクセントカラーが選びやすくなります。

サブカラー

サブカラーとはベースカラーを引き立てる補助の役目を持つ色です。メインが紫なら青といったように、マンセル色相環でベースカラーの隣や近くにある色を選ぶと調和が取りやすくなります。


 
色相環

アクセントカラー

その名の通りアクセントとなる色です。ベースカラー、サブカラーとは色相や彩度が異なった色を選ぶのが一般的です。他の色と比べて強めの色でも、使う面積に割合が少ないので調和しやすいです。

キャラクター配色の決め方

色を決める手順は、まず全体のイメージを左右するベースカラー。次にサブカラーを決めます。最後に、目を引くポイントとなるアクセントカラーを設定します。このアクセントにより、色味が単調になるのを防ぎ、メリハリのある配色にすることができます。

配色の良い例と悪い例

良い例と悪い例を比較してみましょう。

同じ暖色である赤系統色ベースにしたキャラクターを並べてみました。

左側のキャラクターは

ベースカラー:ピンク

サブカラー:ベージュ

アクセントカラー:黄色

で配色にまとまりがあります。

対して、右側のキャラクターは

ベースカラー:赤

サブカラー:緑

アクセントカラー:紫

でベースカラーとサブカラーの彩度が高く配色のまとまりがないです。


 

キャラクターの性格から決めるメインカラー

「ベースカラー」「サブカラー」「アクセントカラー」とは別に「メインカラー」を決めると線だけでは表現できないキャラクターイメージを配色によって印象付けることができます。

メインカラーを決める要素のひとつとして「キャラクターの性格」があります。

「元気な性格なら赤、クールな性格なら青」といったように、性格を象徴する色があります。


 

キャラクターに色合いを当てはめるとそれぞれに受ける印象が異なりますね。

 

配色によりキャラクターの印象は大きく左右されます。配色のバランス、色のイメージを踏まえつつ論理的にキャラクター制作に取り組んでみてはいかがでしょうか。


いちあっぷ講座キャンペーン

液タブ&人気ギフト券が当たるイラスト募集キャンペーン


End banner shidou

イラスト制作の現場で生まれた育成プログラム


記事のシェアはこちらから!

おすすめ

新着