キャラ設定を活かすのがコツ! キャラクターを描き分ける方法 その1

キャラ設定を活かすのがコツ! キャラクターを描き分ける方法 その1

どのキャラクターを描いても同じ顔になってしまう……。

キャラクターを描き分けられない……。

同じキャラを再現できない……。
 

描き分けができない

こんな悩みを持つ方も多いのではないでしょうか?

 

今回は、「なぜ描き分けが必要なのか?」という疑問から出発して、いろんなキャラクターに応用可能な「描き分ける方法」を全5回の講座を通してご紹介します。

 

この講座では、主に「既存デザインがあるキャラクター」の描き分け方法を紹介していますが、そのままキャラクターデザインにも応用できる内容です。

 

▼目次

キャラクターを描き分けるとは?

 描き分けと絵柄の関係

デフォルメして描き分けに必要な特徴を掴む

 キャラクターデザインに大切なのは「設定の反映」

 描き分けのコツはキャラクター設定に優先度を付けること

 

※今回は「顔」を描き分ける方法のみ扱っています。

 

 

 

キャラクターを描き分けるとは?

まずは最終目標である「キャラクターを描き分ける」とはどういう状態であるかを確認しておきましょう。

 

キャラクターを描き分けるとは?

キャラクターの描き分けの成功とは、絵を見た人に特定の「あのキャラクター」だと認識してもらえる状態のことです。

 

描き分けができないと、同じ顔のキャラクターしか描けない、特定のキャラクターだと認識してもらえない、という事態に陥ってしまいます。

 

さらには似たような顔のキャラクターや特徴のない凡庸なデザインのキャラクターしか生み出せません

 

描き分けと絵柄の関係

「描き分けの成功」がどんな状態か確認できたので、さっそくキャラクターを描き始めたいところですが、ここで問題になるのが「絵柄」の存在です。

 

描き分けと絵柄の関係

そのキャラクターをデザインした本人が描くのであれば、問題ありません。本人が描いたのですから、似て当たり前です。

 

しかし、絵柄は十人十色です。絵柄が違えば、絵の印象はガラリと変わります。つまり「描き分ける」とは、たとえどんな絵柄で描いても同一のキャラクターだと認識してもらわなければならないのです。

 

この特定のキャラクターだと認識してもらうために、元のデザイン(または、モデルになった人物など)をそのまま真似たのであれば、模写になってしまいます。また、そのまま真似ただけでは、自由に動作をつけることもできません。これは、自分でデザインしたキャラクターの場合も同じです。一度目は勢いで描けたが、二度目は上手くいかないでは困ります。

 

解決するには、そのキャラクターの「最低限必要な特徴」を見つける必要があります。最低限必要な特徴とは、他が違っていても「それさえあれば、そのキャラクターに見える部分」のことです。最低限必要な特徴は、デフォルメ(ちびキャラ化)することで見つけられます。

 

デザインと絵柄は別物

デザインと絵柄は別物

補足としてデザインと絵柄は別物です。キャラクターデザインは、そのキャラクターの特徴を決定するものですが、絵柄は作者の癖や好みによって異なるものです。

 

アニメーションなど、作者の絵柄を全面に出してはいけない場合を除いて、自分自身が培ってきた絵柄は大切にすべきです。自分の絵柄は崩さず、いろいろな特徴を持ったキャラクターを描き分けられるように、「最低限必要な特徴」を見分けられるようになりましょう。

 

デフォルメして描き分けに必要な特徴を掴む

デフォルメして描き分けに必要な特徴を掴む

デフォルメとは、対象物を変形して表現することですが、今回はちびキャラ化に限定して利用します。

 

ちびキャラ化とは、特徴となる部位をより誇張し、不要な部分をカットしてキャラクターを表現するデフォルメの一種です。対象キャラクターを縮めて描くため、複雑で細かいデザインを描き込むことができません。

 

ちびキャラ化する際に残った特徴こそが、キャラクターを描き分ける時に必要な「最低限必要な特徴」です。

 

では、ちびキャラ化のときに、「残る部分」と「排除される部分」を見分ける方法は何でしょうか?それは「キャラクター設定がわかるかどうか」です。

 

キャラクターデザインに大切なのは「キャラ設定の反映」

キャラクターデザインに大切なのは、シルエットの美しさ、カラーリングなど様々ですが、特に大事なのが「キャラクター設定を反映しているか」です。

 

キャラクターデザインに大切なのは「キャラ設定の反映」

たとえば、幼い男の子という設定を持つキャラクターなのに、見た人が幼い男の子だと判断してくれないのであれば、大問題です。(もちろん、中身は幼い男の子だけど、見た目はおじさん、といった特殊設定がある場合は別ですが)

 

たとえ、絵柄が違おうと、ちびキャラ化されようと、キャラクター設定だけはぶれてはいけません。この最低限のアイデンティティーがぶれてしまえば、それはもはやまったく別のキャラクターです。これでは描き分けは失敗です。

 

描き分けのコツはキャラクター設定に優先度を付けること

そこでキャラクター設定(=描き分けポイント)に優先度を付けてみましょう。
 

描き分けのコツはキャラクター設定に優先度を付けること

この「描き分けポイント」さえ押さえていれば、あとは好きに細かく描き込んでも、ポーズを変えてみても、絵柄を変えても問題ありません。失敗を防ぐには、ラフや下書きをする際、必ず最初に描き分けポイントを描写し、それからその他の要素を追加していくといいかもしれません。

 

まとめ
 

まとめ

キャラクターを描き分けるとは、「キャラクターの必要最低限の特徴を探し出す」ということです。この特徴を把握さえすれば、絵柄を変えて描くことも、ちびキャラ化することも、アクションやポーズを変更することも可能です。

 

キャラクターを描くときは、どんなキャラクターであれ、最初に「キャラクター設定がわかる部分」を探してから描いてみましょう。そうすることで、老若男女、異種族、さまざまなキャラクターを自由に描き分けることでできるでしょう。

 

残り4回の講座では、今回紹介した「描き分けポイント」の詳しい説明やチェックポイントを紹介します。

著・画 ゼロモモ

Pixiv|https://www.pixiv.net/member.php?id=5764826

Twitter|https://twitter.com/zeromomo0100


 

イラストの疑問や悩みをプロに相談してみませんか?

いちあっぷゼミは、デジタルイラストをプロの個別指導付きで本格的に学ぶことができるオンラインイラスト講座です。

keyboard_arrow_right 詳細を見る
いちあっぷゼミ