顔の立体感の隠れた主役! 鼻の描き方講座

顔の立体感の隠れた主役! 鼻の描き方講座

鼻は、描く人によっては簡略化したり、場合によっては省略してしまうパーツでもあり、重要度の低いパーツだと思っている人も多いかもしれません。

 

しかし、顔の立体感を出すためのとても大切なパーツです。鼻の位置ひとつで、顔のデッサンを大きく左右するので、ないがしろにせずしっかり描きましょう。

 

▼目次

鼻の構造

鼻の描き方

 鼻を描くポイント1:鼻は立体感の要

 鼻を描くポイント2:角度による鼻の見え方

 

 

鼻の構造

鼻の構造

 

鼻の構造はそこそこ豊富なパーツから構成されていますが、描かれる部分は大体、鼻筋、鼻先の二つのパーツです。その他の部分を描くと鼻が大きく見えたり、老けて見えたりするため、あまり好んで描かれることがありません。

 

リアルな絵柄を好む人でも描くのは鼻の穴までで、小鼻が描かれることはほとんどありません。

 

鼻の描き方

鼻の描き方

 

鼻は、いかに正しい位置にアタリを置けるかが重要です。顔のアタリの中心線に三角形を描き、その下にも逆さまの三角形を描きます。次にそれを立体的にし、ひし形の四角すいのような形を作ります。これで鼻のアタリの完成です。

 

この四角すいの大きさや形によってキャラクターの鼻の形や大きさを自由に変えられます。

 

鼻の描き方2

 

その後、このアタリを元に鼻を描いていきます。四角すいの頂点は鼻先になり、頂点を結ぶ縦のラインが鼻筋となります。そのアタリに従い、お好みによって鼻筋や鼻の穴を描いて完成です。

 

子供や女性は鼻先のみを描き、男性の場合は鼻筋を、好みによって鼻の穴も描き、年齢の高いキャラクターを描く場合は小鼻を描いて、それを特徴付けるのも有効です。

 

鼻を描くポイント1:鼻は立体感の要

鼻を描くコツ

 

目や口のように感情を豊かに表現することのない鼻は、実はキャラクターを描くうえでは全く必要のないパーツです。鼻が存在しなくてもキャラクターの表情に影響はないので、点や線で表現したり省略することも多いです。

 

しかし鼻は顔のパーツの中で一番出っ張った位置にあり、しかも中心に存在する、良くも悪くも目立った存在です。少し位置がずれたりするだけで、その他の全てのパーツに違和感が出てしまいます。鼻を描く際は適当に描かず、アタリをしっかり取って描きましょう。

 

鼻を描くポイント2:角度による鼻の見え方

鼻を描くコツ

 

下からキャラクターを見上げたアオリの角度や、上から見下ろしたフカンの角度によって、鼻の見え方は全く違ってきます。

 

アオリの角度の場合、鼻の穴が見え、鼻が心持ち短く見えます。逆にフカンの角度の場合なら鼻の穴は見えず、鼻が長く見えます。これは老若男女、人種問わず共通なので、形を丸暗記して応用してしまいましょう。

 

まとめ

以上の点をまとめると、

  • とにかく鼻を描くときはアタリをしっかり取り、正確な位置に描くことを心がけよう
  • 角度による鼻の形は丸暗記してしまおう

 

以上のことに気をつけて描いてみてください。

 

なお、もう少し詳しい情報は私の著書
『デジタルイラストの「身体」描き方事典身体パーツの一つひとつをきちんとデッサンするための秘訣39』の方を参考にしていただければと思います。


デジタルイラストの「身体」描き方事典身体パーツの一つひとつをきちんとデッサンするための秘訣39

 

いろいろな鼻のタイプや、各パーツが持つ見え方の役割も細かく解説しています!
おかげさまでまたまた重版も決まり、好評を頂いています!

(下のリンクからアマゾンページへ飛びます。)

https://goo.gl/qmUsVo

 

ニコニコ生放送で毎週金曜22:30より、絵の描き方を教える「お絵かき救命病棟24時!」もやっておりますので興味があればぜひどうぞ!

http://com.nicovideo.jp/community/co1921867

 

著・画 松(A・TYPEcorp.)

ホームページ http://atipe.net/

pixiv http://www.pixiv.net/#id=18923

Twitter https://twitter.com/atype55

ニコニコ生放送 http://com.nicovideo.jp/community/co1921867

 

フリーランスのイラストレーター。

様々な絵柄を駆使し、カードゲーム「マジンボーン・データカードダス」「ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ」のイラストや、4コマ漫画「BIOHAZARD THE TOON」の執筆、小説の挿絵などを手がける。また、絵の描き方本『デジタルイラストの「身体」描き方事典身体パーツの一つひとつをきちんとデッサンするための秘訣39』を執筆し、活動の幅を広げている。


 

イラストの疑問や悩みをプロに相談してみませんか?

いちあっぷゼミは、デジタルイラストをプロの個別指導付きで本格的に学ぶことができるオンラインイラスト講座です。

keyboard_arrow_right 詳細を見る
いちあっぷゼミ

いちあっぷキャンペーン

液タブ&CLIP STUDIO PAINTが当たるプレゼントキャンペーン実施中