顔の各パーツをチェック! デフォルメをバランス良く描くには?

顔の各パーツをチェック! デフォルメをバランス良く描くには?

「何かがおかしいけど、どこを直していいのかわからない」ということありませんか? 一人で勉強しているとなかなか気づきにくいものです。

 

今回は顔をテーマにご紹介します。自身で気づいてなかった箇所を見つけてみましょう。イラストを描く際の簡易的なものとしてご参考ください。

 

▼目次

デフォルメされた骨格を考える

デフォルメされた筋肉を考える

 額・眉間・鼻に関わる筋肉

 目に関わる筋肉

 顎に関わる筋肉

 口に関わる筋肉

 首に関わる筋肉

影のつけ方を考える

顔の比率やバランスを考える

 顔の比率について

 目の比率について

 目と目の間隔のイメージ変化

 目と口の間隔のイメージ変化

 顎の形状によるイメージ変化

 横顔をバランスよく描くポイントまとめ

 

デフォルメされた骨格を考える

デフォルメ

人物は骨格から想像して描くとバランスがとりやすいです。

 

しかし、現実の人間の骨格のままでは、アニメ絵のようなデフォルメされたキャラクターには対応できません。骨格からデフォルメする必要があります。

 

例えば、目が大きくデフォルメされているならば、骨格も合わせてデフォルメしていきます。

 

骨格を想像するときに、ディテールまでこだわる必要はありません。絵にしたときに分かりやすく影響する部分だけ考えてみました。

 

デフォルメ

A|頬骨は出っ張っている

B|歯は奥に向かってカーブを描いている

C|額は目の位置からくぼんでいる

D|額は上に向けて広がっている

デフォルメ

A|歯は出っ張っている

B|鼻の付け根は凹んでいる

C|首の骨は耳の後ろから生えている

 

デフォルメされた筋肉を考える

筋肉は大小合わせて無数にあります。それを全て把握するのは困難なので、筋肉も骨格と同様に、絵に関わる部分のみピックアップして考えていきます。機能も簡略化して説明しています。

 

額・眉間・鼻に関わる筋肉

デフォルメ

まずは、前頭筋(ぜんとうきん)や皺眉筋(しゅうびきん)、鼻根筋(びこうきん)などの額・眉間・鼻に関わる筋肉です。

 

この筋肉群によって、

  • 眉間を横に縮める
  • 額・鼻を縦に縮める

といった動作が可能です。

 

目に関わる筋肉

デフォルメ

次に眼輪筋(がんりんきん)という、目に関わる筋肉です。

 

この筋肉によって、

  • 目を開く
  • 目を閉じる

という動作が可能です。

 

ここで注意するのが「目は基本的に上まぶたが動く」ということです。つまり、閉じた状態の目は下まぶたの位置に描きましょう

 

顎に関わる筋肉

デフォルメ

次に側頭筋(そくとうきん)や咬筋(こうきん)といった顎に関わる筋肉です。

 

この筋肉によって、

  • 顎を開く
  • 顎を閉じる

という動作が可能です。

 

ここで注意するポイントが2点あります。1つは「顎は耳の位置を起点に、回転する形で開く」ということです。真下には動きません。2つ目は、「顎を開くことと、口を開くことは別」ということです。顎と口は別物として覚えておいてください。

 

口に関わる筋肉

デフォルメ

次に、口角下制筋(こうかくかせいきん)や口輪筋(こうりんきん)などの口に関わる筋肉です。

 

この筋肉群によって、

  • 口を閉じる
  • 口を開く

という動作が可能です。

 

口の筋肉は、動きに制限のある他の筋肉と違って、かなり柔軟に曲げ伸ばしができます。この柔軟さが様々な表情を作りだします。

 

首に関わる筋肉

デフォルメ

最後に、胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)という首に関わる筋肉です。図の青い筋肉(僧帽筋)は肩などを動かす機能を持つ筋肉なので、今回は説明を省いていますが、首を描くときに重要な筋肉です。

 

デフォルメ

A 首を左右に傾ける

B 首を前後に傾ける

C 首を左右に回転させる

という3つの動作が可能です。

 

この3つの動きは単独だけでなく、組み合わせることで様々な首の動作を作りだせます。また、頭は耳の後ろ部分を支点に回転します。

 

影のつけ方を考える

デフォルメ

頭の凹凸を覚えることで、影がつけやすくなります。図の赤い部分を「おまんじゅう」だと考えてみてください。赤い部分は出っ張っています。
 

デフォルメ

額は目の位置から盛り上がっています。×マークの作例のようにならないように影をつけましょう。

 

※光源は正面やや上想定。

 

顔の比率やバランスを考える

頭のパーツの比率をご紹介します。頭のパーツの配置・サイズはキャラクターによってさまざまなので、普遍的な部分や、イメージに関わる比率をピックアップしています。

 

顔の比率について

デフォルメ

基本的に目は頭部の1/2の位置です。この位置から下げると幼く見えます。子供や女性を描く時は、1/2より下げて描くと良いでしょう。

 

目の比率について

 

デフォルメ

よほどデフォルメされた目でない限り、左右の目は、3分割で配置されます。丁度、左右の目のあいだに、ひとつの目が入るイメージです。この比率は眼の細いキャラクターでも、目が大きなキャラクターでも変わりません。

 

目と目の間隔によるイメージの変化

デフォルメ

目の3分割を踏まえた上で、次は顔に配置してみます。顔の面積に対して、目が占める割合が低いと大人っぽく、高いと幼く見えます

 

目と口の間隔によるイメージの変化

デフォルメ

目と口の位置が近いほど、幼く見えます。

 

顎の形状によるイメージの変化

デフォルメ

下顎骨(顎の骨)の形状によって、見た目の幼さが変わります。鋭角だと大人っぽく、鈍角だと幼く見えます。

 

横顔をバランスよく描くポイントまとめ

デフォルメ

その他の普遍的なポイントをご紹介します。

 

A|顎から首は基本的には一直線。肉がつくとたるむ。

B|耳のサイズは、目~耳の長さと同じ

C|耳は垂直についているのではなく、斜めについている

D|背面の首と頭の付け根は、だいたい鼻の穴の地位

E|首は垂直についているのではなく、斜めについている

F|首の付け根(喉)の位置は、だいたい鼻の付け根~耳の1/2の位置にある

 

著・画 ゼロモモ

pixiv|https://www.pixiv.net/member.php?id=5764826

Twitter|https://twitter.com/zeromomo0100

 

参考文献

『スカルプターのための美術解剖学 -Anatomy For Sculptors』著:アルディス・ザリンス、サンディス・コンドラッツ

『モルフォ人体デッサン 形態学による人体を描くための新テクニック』著:ミシェル・ローリセラ

イラストの疑問や悩みをプロに相談してみませんか?

いちあっぷゼミは、デジタルイラストをプロの個別指導付きで本格的に学ぶことができるオンラインイラスト講座です。

keyboard_arrow_right 詳細を見る
いちあっぷゼミ

いちあっぷキャンペーン

液タブ&CLIP STUDIO PAINTが当たるプレゼントキャンペーン実施中