肋骨と骨盤に分けて考える! 身体を描きやすくするアタリの取り方

肋骨と骨盤に分けて考える! 身体を描きやすくするアタリの取り方

描き始めたばかりだと、体を描くのって難しいですよね。正面なら描き慣れたが、斜めを向いたりと角度がついた体を描くのが苦手……そんな方に、角度のついた胴体を描きやすくする講座をお届けします。

 

▼目次

角度のついた胴体を描く方法

 角度をしっかりと見せるために、肉付きを反映させる

ヒネリの表現に応用する

 肋骨と骨盤を別々に考えよう

胴体を描きやすくするアタリの取り方

 

 

角度のついた胴体を描く方法

身体を描くコツ

胴体を肋骨・骨盤の2つに分けて考えると描きやすいです。

 

最初に肋骨と骨盤を配置して肉付けをしていきます。描きたい角度によりますが、各パーツを重ねて、隠れる部分を作ると「角度が付いている」と伝わりやすい絵になります。

角度をしっかりと見せるために、肉付きを反映させる

体を描くテクニック

骨盤と肋骨のパーツを重ねるときに重要なのは、線の重なりでくびれを表現することです。くびれが表現されることで、角度がしっかりついているように見えます。

ヒネリの表現に応用する

このアタリの取り方を応用して、ヒネリをつけてみましょう。胴体に限らず、ヒネリを加えることで動きのある絵に仕上げられます。

 

人間は変化があるものに刺激を感じやすいので、動きを加えることで絵の魅力が増しますよ。

肋骨と骨盤を別々に考えよう

ヒネリを加えると言っても、いきなり全体から考えるのは困難です。ここでも肋骨と骨盤を別物として考え、それぞれ動きをつけてみましょう。

 

身体的限度はあれど、背骨を使って肋骨と骨盤は方向を傾けたり、回転させることができます。それらの動かし方を組み合わせて、多様なヒネリを描いてみましょう。

胴体を描きやすくするアタリの取り方

最後にまとめとして、今回のテクニックの使い方をご紹介します。

身体を描くテクニック

  1.  まず、肋骨の角度を考えよう! 少し、左斜めに回転させました。
  2. 肋骨の角度が決まったので、次は骨盤の角度を決めよう! 「くの字」を作りたいので、肋骨とは異なる回転をかけました。
  3. 肋骨と骨盤の角度が決まったので、肉付けしよう! このとき、くびれの重なり具合は、骨盤の角度を参考に。

これで動きをつけられました!角度をつけるのが難しいと思ったら、このアタリのとり方を試してみてください。

著・画 ゼロモモ

pixiv|https://www.pixiv.net/member.php?id=5764826

Twitter|https://twitter.com/zeromomo0100

イラストの疑問や悩みをプロに相談してみませんか?

いちあっぷゼミは、デジタルイラストをプロの個別指導付きで本格的に学ぶことができるオンラインイラスト講座です。

keyboard_arrow_right 詳細を見る
いちあっぷゼミ