部位を誇張してみよう! デフォルメキャラクターを描く3つのコツ

部位を誇張してみよう! デフォルメキャラクターを描く3つのコツ

ある程度人体が描けるようになっても、デフォルメ調になると上手くいかない、描き方がわからない。そんな方のためにちょっとした考え方の助長になるように、デフォルメキャラクターを描く4つのコツを紹介していきます。

 

▼目次

頭身から考えるデフォルメ

コツ1.パーツをつぶす

コツ2.部位の誇張によるデフォルメ表現

コツ3.顔のデフォルメ表現

 

頭身から考えるデフォルメ

デフォルメというと、低頭身を思い浮かべると思います。

 

まずは、頭身を操作することで理想のデフォルメを探っていきます

デフォルメキャラクターの描き方

これは一例ですが、頭身によっても様々なアプローチの方法があります

 

例えば、真ん中のキャラクターは手足を強調するようなデフォルメの仕方をしています。また、右のキャラクターは手足を小さく、体を寸胴にすることで、頭身との親和性を高めています

 

各頭身に合わせて、手足などの各パーツを誇張してデフォルメのバランスをコントロールしてみましょう。

コツ1.パーツをつぶす

では、頭身を変える際にどこに気を使えばいいでしょうか。

 

ただ身体を小さくするだけでは、ちぐはぐな印象になってしまいます。

デフォルメキャラクターの描き方

こういったデフォルメの仕方もありますが、可愛らしい印象にするには、パーツをつぶす必要があります。

デフォルメキャラクターの描き方

例えば、頭部のパーツは真ん中より、下にギュッと詰めるとキュートな印象になりやすいです。

デフォルメキャラクターの描き方

さらに、頭身の違いで考えていきます。

 

頭身によって部位の比率は大きく変わります。当然頭は身体に比べて大きくなりますが、その分、縦につぶれて横長になります。

 

身体の描きこみや関節も表現を簡潔にすると効果的です。

コツ2.部位の誇張によるデフォルメ表現

デフォルメキャラクターの描き方

部位を誇張することで、デフォルメ表現に落とし込むことができます。

デフォルメキャラクターの描き方

例えば、手足を骨組みの情報だけ抜き取り、あえて簡素な形にすることで、可愛らしくなる場合があります。また、リボンなどの小物を強調させることで、よりデフォルメ表現を助長することもできます。

コツ3.顔のデフォルメ表現

デフォルメキャラクターの描き方

顔のパーツをあえて左右対称にしない、という小技もあります。

 

画像は口のパーツをあえて中心から大きく外すことで表情に動きを付けています

まとめ

デフォルメ表現はこれ!といった正しいものはありません。自分に合った表現を見つけて、武器にしていきましょう!

著・画 安田昴

フリーランスのイラストレーター。

CGデザイナーの経験あり。

何かございましたらこちらにご連絡ください。

Email:tvzyon@gmail.com
 

イラストの疑問や悩みをプロに相談してみませんか?

いちあっぷゼミは、デジタルイラストをプロの個別指導付きで本格的に学ぶことができるオンラインイラスト講座です。

keyboard_arrow_right 詳細を見る
いちあっぷゼミ

いちあっぷキャンペーン

液タブ&CLIP STUDIO PAINTが当たるプレゼントキャンペーン実施中