凹凸を意識しよう! マントの描き方メイキング

凹凸を意識しよう! マントの描き方メイキング

ファンタジーの世界に欠かせないが描いてみると結構難しいのがマントの表現。

 

マントは一枚の布であるため、広い面積を目印なく塗り込んでいかなければならないものです。なんも取っ掛かりもなく自然な動きをだすのは意外に大変です。今回は、そんなマントの描き方をメイキング形式で順に追ってみていきましょう。

 

▽目次

1.素体を描く

2.マントを描く

3.マントのベース色を塗る

4.全体にボケたブラシで影を落とす

5.影の描写を詰める

6.ハイライトを入れる

7.さらに濃い影とハイライトを入れる

8.完成

 

 

1.素体を描く

マントの描き方

まずは人物の素体を描きましょう。

 

慣れればここまでしっかり描かなくても大丈夫ですが、微妙な凹凸や手足の置きどころをしばしば確認しながら塗っていくことで説得力のある立ち絵になっていきます。

2.マントを描く

マントの描き方

今回はポンチョのようなマントを描いていきます。

 

緩やかにマントのシワの凹凸を拾います。常に、描いている部分がどこの部分なのか意識しながら形をとりましょう。シワは塗りでも表現できるので、細かなシワは間引いて大事な部分だけ引いておきます。

3.マントのベース色を塗る

マントの描き方

今回は茶系のマントです。影やハイライトを描きこむので、ベースは彩度が高すぎない色で塗りましょう。

4.全体にボケたブラシで影を落とす

マントの描き方

全体的に影色をボケたブラシでざっと塗ります。細部は気にせずざっくり塗りましょう。

5.影の描写を詰める

マントの描き方

少し具体的な濃淡をつけて、影の描写を詰めていきます。先程より少し硬いブラシで描くのがコツです。

 

立体感を出すために、必ず光源の設定を忘れないようにしましょう。今回は左上に光源を設定しました。

マントの描き方

さらに濃い色で影を締めていきます。ベースで決め込んだ濃淡から全体がずれない様に、引きで確認しつつ描きましょう。

6.ハイライトを入れる

マントの描き方

ハイライトを入れて、より立体感のあるマントに仕上げていきます。

 

ハイライトはベースより一段階明るい色で入れます。細部にこだわるあまりハイライトを立てすぎるとギラギラとした印象になり、硬い質感に見えるので注意しましょう。

 

マントのシワである凹凸の「凸」部分にハイライトを入れ、「凹」部分に影を落とすと上手く仕上がります。

7.さらに濃い影とハイライトを入れる

マントの描き方

陰影の色幅を広くすることで、さらに立体感を出していきます。

 

まずはマントに落ち影を入れます。多用すると立体感が薄れるのでポイントだけ絞りましょう。

マントの描き方

オーバーレイで色に幅を持たせるように、ハイライトを入れます。

マントの描き方

スクリーンを使用して、空気感を出します。

 

オーバーレイやスクリーンはあくまでも調子を整えるものなので、描いたものを邪魔しない程度に軽く使いましょう。

8.完成

マントの描き方

全体感をもう一度チェックして、光感を統一させましょう。

 

以上、マントの描き方でした。

 

マントは柔らかいものですが、描きこむほど硬くなりがちなので気をつけましょう。自然な重量感と質感を感じられる様に仕上がれば成功です。

著・画 なぎかわみん

フリーのイラストレーター。主に広告系イラストとソーシャルゲームイラストを制作させていただいております。

Twitter:https://twitter.com/utauta721

イラストの疑問や悩みをプロに相談してみませんか?

いちあっぷゼミは、デジタルイラストをプロの個別指導付きで本格的に学ぶことができるオンラインイラスト講座です。

keyboard_arrow_right 詳細を見る
いちあっぷゼミ