プロの現場で生まれた『イラストの描き方講座』

潤んだ瞳は「光の反射」がポイント! 目の塗り方 基礎編

Title line
潤んだ瞳は「光の反射」がポイント! 目の塗り方 基礎編

第一印象を決める「目」

イラストで一番注目される、顔。
特に「目」は、第一印象を決める最も重要なパーツです。

今回は、そんな「目」の塗り方をご紹介します。
瞳の構造や塗り方は意外とシンプル。
メイキングで使った目の線画を配布します。

 

 

↓ダウンロードはこちらから↓※外部リンク(firestorage)です。
【 目の線画資料(PSD・PNG)】(クリックでダウンロード)

記事を読んで実際に塗りながら
瞳の描写の基本形をマスターしましょう。

目の塗り方メイキング

目の塗り方は
1.配色
2.グラデーション
3.影の描写
4.光
5.ハイライト
6.仕上げ

という順番で仕上げます。
大まかにベースを決めた後、細かい描写をプラスする
というイメージで進めましょう。

1.配色を決める

瞳のベースとなる色を塗ります。
塗り残しがないようにバケツツールを使うと良いでしょう。

レイヤー:通常

 

カラーコード:ff586c

2.グラデーションを付ける

柔らかいブラシなどで軽く明暗と色味をつけます。
複数の色をグラデーションに使ってもOKです。
色相が遠い場合は、レイヤーを分けておくと
修正がしやすくなります。

レイヤー:通常

カラーコード:921422、fbc199

3.影を入れる

1影

固めのブラシで瞳孔と目の上部、周囲の影を塗ります。

レイヤー:通常/乗算

カラーコード:951524

2影

まぶたの影が目に落ちるイメージで瞳に影を加えます。
この時、1影のキワの印象が消えないように気を付けましょう。

レイヤー:通常/乗算

カラーコード:470000

4.光を入れる

この工程でポイントとなるのが瞳の質感です。
目は水分を含んでいるため光を反射しやすい、という特徴があります。
光を入れる箇所は

  • 上からの直接光
  • 下からの反射光

 

の2つです。

さらにハイライトが入る予定の位置にも明るさを足しておきます。

レイヤー:通常/オーバーレイ

カラーコード:ffd4bb

5.ハイライトを入れる

ハイライトを加え、その下に瞳の色に合った彩度の高い色味を入れます。

この作業により、目がキラッとして発光しているように見えます。

ハイライトはアクセントとして使い、くれぐれも入れすぎないようにしましょう。

今回はふたつにしましたが、お好みでOKです。


 

レイヤー:通常/オーバーレイ

 

カラーコード:ffffff、e7452e

  6.仕上げ

 

  • まつげ

まつげ両端の線画を色トレス(※)して明るくします。
※色トレスとは線画に色味を加ええて馴染ませる技法です。

  • 白目

影の描写を加えます。
白目の上部と目のキワに、まぶたの影を加えました。

  • 目のまわり

肌と目のキワにも影を入れます。涙袋が目に落とす影です。

レイヤー:通常など

これで目の描き方は完成です。

好みに合わせてバリエーションを作ろう

目の塗り方にちょっとした変化を付けて
テイストを変えたものを作ってみます。
虹彩、瞳、白目、ハイライト、影など
先ほどの描写の基本構造は一緒
です。

瞳孔の描写を変える


瞳孔を塗りつぶさないバージョンです。
ライトな印象となり
先ほどよりも光を反射しているように見えますね。

ハイライトの位置、数を変える


下からのハイライトを1つにしてみると
落ち着いた雰囲気が出ました。

上達の近道は「真似をすること」?

お気に入りの描き方や塗り方は、真似をしてみるのもオススメ。
見るだけでなく実際に手を動かすことで
一段とテクニックが身に付きやすくなります。
基本的な描写をマスターした後は
自分の好みのテイストになるように応用してみましょう。


いちあっぷ講座キャンペーン

液タブ&人気ギフト券が当たるイラスト募集キャンペーン


End banner v8 a

イラスト制作の現場で生まれた育成プログラム


記事のシェアはこちらから!

おすすめ

新着