色の階調を使い分けて手短に描く! メカのシャープな塗り方講座

色の階調を使い分けて手短に描く! メカのシャープな塗り方講座

前回ではメカの線画まで作りました、となれば次はどう塗るかという話になるかと思います。

ロボやメカはパーツが多く、塗るのが大変そうに見えるかもしれませんが、塗り方を工夫することで、その負担を軽減できます。

 

今回は初心者向けに、特別なブラシなどを使わず、さらに手数を減らすことのできるシャープな着彩方法を紹介します。

 

メカの塗り方

 

▼目次

1.下塗り

2.全体の影

3.光の当たっているところにハイライトを入れる

4.影

5.色トレスを線画に適用してなじませる

6.発光部を光らせる

7.上から描き足し

 

 

 

1.下塗り

メカの塗り方下塗り

 

下地の色を塗っていきます。

 

全てのパーツを1つのレイヤーで塗っても構いませんが、後で使いそうな部分はレイヤーを分けて塗っておくと後の作業が楽になります。今回は青い部分を光らせたいので、青い部分だけ分けておきます。

 

2.全体の影

メカの塗り方、全体の影を入れる

 

その上にレイヤーを作成し、乗算で全体の影を入れます。使う色は、周囲の環境光を意識したものを推奨します。

 

3.光の当たっているところにハイライトを入れる

ハイライトを入れる

 

光源を設定してハイライトを入れましょう。不透明度の異なる発光レイヤーを2枚重ねて描いていきます。不透明度の低いレイヤーで一番薄い光、不透明度の高いレイヤーで中間の光、両方が重なる部分で最も強い光を表現します。

 

このやり方のメリットは、少ないレイヤー数と手数でより多くの階調を作れることです。レイヤーを3枚以上使って、さらに細かく描画していっても構いません。

 

4.影

影の入れ方

 

ハイライトと同様に、不透明度の異なる乗算レイヤーを2枚使って影をつけていきます。

 

5.色トレスを線画に適用してなじませる

色トレスで線画を馴染ませる

 

色トレスをします。線画レイヤーの上に新規レイヤーを作成し、線画レイヤーにクリッピングマスクをかけて、スポイトで下の色を取りながら塗ります。ある程度光源を意識し、際立たせたい部分を明るい色で塗っていきましょう。

 

6.発光部を光らせる

発光部を光らせる

 

下塗りの際に分けておいた青い部分のレイヤーをコピーし、レイヤーの1番上に移動させ、ぼかしをかけて、レイヤーの描画モードを発光に変更します。

 

7.上から描き足し

上から描き足す

 

さらに、線画の上にレイヤーを作って傷、汚れなどを描き足していき、完成です。

 

今回紹介した塗り方は、特別なブラシなどを使わずに塗っていくというものでしたが、テクスチャを加えたり、加工したりすることでさらにメカらしく仕上げられます。

 

メカの塗り方メイキング

メカの塗り方メイキング

 

著・画 オオタカハシ

Webサイト:https://borezet.jimdo.com

フリーランスのイラストレーター。漫画の色塗りなどもさせていただいてます。
 

イラストの疑問や悩みをプロに相談してみませんか?

いちあっぷゼミは、デジタルイラストをプロの個別指導付きで本格的に学ぶことができるオンラインイラスト講座です。

keyboard_arrow_right 詳細を見る
いちあっぷゼミ