骨格や筋肉をチェック! 腕と手の描き方講座

骨格や筋肉をチェック! 腕と手の描き方講座

「何かがおかしいけど、どこを直していいのかわからない」ということありませんか? 一人で勉強しているとなかなか気づきにくいものです。そこで描くためのチェックポイントを用意しました。

 

今回は腕・手がテーマです。イラストを描く際の簡易的なものとしてご参考ください。 

 

▼目次

腕の描き方

 腕を描くのにチェックしたい骨格

 腕を描くのにチェックしたい筋肉

 腕の描き方メイキング

手の描き方

 手を描くのにチェックしたい骨格

 手を描くのにチェックしたい筋肉

 手の描き方メイキング

 

 

腕の描き方

腕を描くのにチェックしたい骨格

まずは腕の骨格を大まかに覚えておきましょう。腕を描く基本となります。

 

骨格は複雑なので、絵を描く上で特に必要になる部分、シルエット化しやすい部分をデフォルメしています。

腕の描き方

覚えておきたいのは、手首は輪切りにすると楕円であること。そのため、見え方によって太く見えたり、細く見えたりします

腕を描くのにチェックしたい筋肉

腕の描き方

腕を描く上で注目したいのは下記の5つです。

  • 三角筋(肩の筋肉)
  • 上腕二頭筋
  • 上腕三頭筋
  • 腕橈骨筋[わんとうこつきん]
  • 長橈側手根伸筋[ちょうとうそくしゅこんしんきん]

これらは腕を伸ばしたり、曲げたりする筋肉なので描くときにシルエットして現れます。つまり、5つの筋肉の意識することで腕のシルエットが分かりやすくなり、腕が描きやすくなるのです。

腕の描き方メイキング

骨格と筋肉の内容を踏まえて、メイキング形式で腕の描き方を押さえていきます。腕の描き方は様々ありますが、その中の1つとしてお考えください。

 

メイキングでは、

  • 正面を描いたAパターン
  • 構図を効かせたBパターン

で進めます。

1.腕の動きを決める

腕の描き方

まず、腕の動きを決めます。

肩・ひじ関節・手首の3点の位置を決め、アタリを取りましょう。肩~ひじ:ひじ~手首はおおよそ1:1の比率です。

2.ひじの見え方を算出する

腕の描き方

ひじの見える角度は、

  • 身体の角度
  • 手首の角度

に左右されます。

 

ひじ裏は手首より回転が遅れるため、細かい角度を導き出すのは念入りな観察が必要ですが、大まかにこの方法で算出できます。

 

  1. 肩の手前部分(画像の青い点)から、「親指」にかけて線を引きます。
  2. 肩の裏部分(画像の赤い白点)から、「小指」にかけて線を引きます。このとき、2本の線はリボン状だと想定しながら引くと良いでしょう。
  3. この2本の線の幅が、ひじ裏の幅になります。

3.腕の筋肉を描く

腕の描き方

 

「腕を描くのにチェックしたい筋肉」をもとに筋肉を描いていきます。

  1. まず、三角筋を描きます。
  2. 三角筋の付け根(上腕二頭筋と上腕三頭筋の境目)は、おおよそひじ裏を描くときに使用した2本線の真ん中に位置します。
  3. 青い点~ひじ裏にかけて、上腕二頭筋を描きます。
  4. 赤い白点~ひじにかけて、上腕三頭筋を描きます。
  5. ひじ~親指にかけて腕橈骨筋&長橈側手根伸筋を描きます。

手の描き方

手を描くのにチェックしたい骨格

手の骨格も大まかに覚えておきましょう。

手の描き方

ここで覚えておくべきポイントは2つあります。

  • 指の骨が手首を起点に生えている
  • 指の第二関節のシルエットは大きい

手を描くのにチェックしたい筋肉

手の描き方

目立って見えるのが、親指の付け根の筋肉群と小指の筋肉群です。この部分に注目すると描きやすくなります。

手の描き方メイキング

骨格と筋肉の内容を踏まえて、メイキング形式で手の描き方を押さえていきます。手の描き方は様々ありますが、その中の1つとしてお考えください。

 

メイキングでは、

  • 正面を描いたAパターン
  • 構図を効かせたBパターン

で進めます。

1.手のひら・手首のアタリを取る

手の描き方

指を描く前に、「手のひら」と「手首」の形状を大まかに決めた方が描きやすいです。

2.指を描く

手の描き方

指の形状は複雑なのでリボン状に考えます。

 

重要なポイントは2つです。

 

ポイント1:手首を中心に指が広がっている。

指の骨格と同じように、このリボンも手首を起点に扇状に広がっています。

 

ポイント2:握ったときの指の動き

基本的に無理な力を込めていない場合、指は小指側の方から先に閉じていきます。つまり、自然な手の状態では小指が一番曲がった表現となります。

3.指の関節を描く

手の描き方

指の関節のアタリを取ります。ここで重要なのは、第二関節が膨らんでいる点です。

4.手の筋肉を描く

手の描き方

親指と小指の筋肉のアタリを取ります。

 

最後にアタリを元に線画を描いて完成です。

著・画 ゼロモモ

pixiv|https://www.pixiv.net/member.php?id=5764826

Twitter|https://twitter.com/zeromomo0100

参考文献

『スカルプターのための美術解剖学 -Anatomy For Sculptors』著:アルディス・ザリンス、サンディス・コンドラッツ

『モルフォ人体デッサン 形態学による人体を描くための新テクニック』著:ミシェル・ローリセラ

イラストの疑問や悩みをプロに相談してみませんか?

いちあっぷゼミは、デジタルイラストをプロの個別指導付きで本格的に学ぶことができるオンラインイラスト講座です。

keyboard_arrow_right 詳細を見る
いちあっぷゼミ