プロの現場で生まれた『イラストの描き方講座』

イラストが映える黄金比は存在する!覚えておきたい構図の基本3選

Title line
イラストが映える黄金比は存在する!覚えておきたい構図の基本3選

「キャラクターは上手く描けた気がするけど、構図がイマイチだなぁ」と思ったことはありませんか? 実は、キャラクターが映える構図の考え方があります。

 

今回は「覚えておきたい構図の基本」をテーマに

  • 三角構図
  • 三分割法
  • 黄金比

を学びましょう。

これらはイラストだけではなく、写真やデザインなどの芸術分野でも活用されている基礎知識です。

 

これら構図法を無意識に活用している方も多いかと思いますが、今回の記事を読んでみて、自身の作品がこれらの構図を元に描かれているか確認してみましょう。

 

 

三角構図

三角構図

構図の代表的なテクニックです。

メインにしたいものを三角形で配置すると画面に安定感が生まれ、バランスの良い構図になります。

キャラクターイラストにおける三角構図の使用例

三角構図のイラスト

 
三角構図を使用したイラストです。

底辺にあたる動物の体を大きく、女の子の頭を頂点とした三角構図です。

シンプルな考え方なので、すぐに取り入れられそうですね。

三分割法

三分割法

 
まず画面を縦横、3分割にして9等分します。

それらの線上、交差点付近にメインとなるものを配置するとバランス感ある作品になります。

キャラクターイラストにおける三分割法の使用例

三分割法のイラスト

三分割法を使用し、メインとなる「動物に乗った女の子」を配置しました。

キャラクターを線上、交差点付近に配置するだけで魅力的な構図が作れるので、初心者はまず三分割法を意識してみましょう。

真ん中に置くのは演出意図がない限り避けよう

日の丸構図

メインを真ん中に配置することを日の丸構図と言います。

構図の考え方のひとつではありますが、使いやすく、よく見る構図なので平凡な印象を与え、単調になってしまいます。

演出に意図がない限り、日の丸構図はつまらない印象を与えがちなことを覚えておきましょう。

黄金比

黄金比

黄金比とは「1:1.618」の比です。

黄金比を使うことで「最も美しく見える構図」を描くことができると言われています。

モナリザも黄金比

 
中世の絵画でも用いられていた方法で、実は『モナリザ』も黄金比で描かれています。

▽黄金比・白銀比・青銅比…デザインの参考になる数学的比率

http://matome.naver.jp/odai/2135972233184004001/2138547809799779403

キャラクターイラストにおける黄金比の使用例

黄金比のイラスト

 
三分割法で使用したイラストに黄金比を当てはめました。

黄金比は上記で解説した三分割法と近いですね。

黄金比を導くことは手間がかかりますが、是非試して欲しいテクニックです。

イラストレーターの基礎知識として覚えておきましょう。

 

いかがでしたか?
今回、解説した構図は基礎の基礎です。いちあっぷ講座ではさらに1UPできる構図の講座も多数ありますので、是非チェックしてみてくださいね。

恋愛の「ドキッ」と感も出せる!? キャラクターが生きる構図の作り方

記事を読む >>

視線誘導がポイント! 主役が引き立つ構図の作り方

記事を読む >>

迫力を出すアングルはコレ! アオリ(煽り)の簡単な描き方講座

記事を読む >>
End banner v9

イラスト制作の現場で生まれた育成プログラム


記事のシェアはこちらから!

おすすめ

新着