プロの現場で生まれた『イラストの描き方講座』

構造から考えて攻略! 帽子(ベースボール型キャップ)の描き方

Title line
構造から考えて攻略! 帽子(ベースボール型キャップ)の描き方

今回のテーマは「帽子の描き方」。キャラクターの個性を演出する定番アイテムです。

 

帽子と言っても様々な種類がありますが、この記事では一般的なベースボール型キャップ(ツバの曲がったタイプ)の描き方を考えます。

 

ベースボール型キャップ(以下帽子)を上手に描けるようになるために、帽子の構造から考えて、描き方を習得してみましょう。

 

 

   

 

帽子の構造を単純化して考える

まずは帽子の構造を単純化して考えてみます。

簡単にでも、構造を頭に入れておけば描くときに役立ちます。

   

正確性より単純化して考えてみてください。

真上から見た帽子の構造 

帽子構造

この楕円形を、真上から見た帽子本体とします。

帽子構造

  
同じサイズの楕円形を下にずらし、左右を直線で繋げるとツバになると考えます。

 帽子構造

本体は6つのパーツでできています。

 

横から見た帽子の構造

 帽子構造

ツバが曲がったタイプの帽子は、横から見ると「へ」の字に曲がっています

 

この「へ」の字の曲がりは、ツバを折り曲げることで出来ます。

(ツバがストレートのままのベースボールキャップは「へ」の字に曲がっていません。)

 

ツバが曲がっているタイプの帽子を描くとき、この「へ」の字に曲がっている点は重要なポイントです。

帽子構造

 
帽子を描くときに、帽子のフチを頭と水平に描くと、上のイラストのように目深に被った状態になります。

 

これは先に述べたように、帽子が「へ」の字に曲がっているからです。

なので帽子を被せるときは角度をつけて被せることを意識します。

帽子構造

正面や斜めの角度から顔を描くときも、帽子に傾斜をつけて被らせることを意識します。

 

逆に目深に被らせたければ水平に近い傾斜にします。この傾斜をコントロールすることで表現の幅が広がりますよ。

 

帽子の描き方

次に、「帽子の描き方」を順を追って紹介します。

1.頭に合わせて帽子本体のフチを描く

帽子構造

2.「へ」の字を意識してツバを出します。

帽子構造

3.赤い線のツバ両側面を同じ角度に合わせます。

帽子構造

ツバ両側面の角度のズレが大きいと、不自然さが目立つので目測で良いので合わせてみて下さい。

 

4.ツバの曲線はS字をイメージ

帽子構造 

ツバはS字を横にした状態をイメージすると良いガイドになります。ただし、正面から描くときは、ツバはS字ではなくW字のようになります。


5.反対側のフチに終点がくることを意識する

帽子構造

見えてる側を描き始める始点として、見えない側に終点があることをイメージしましょう。終点は帽子のフチと交わる点にあります。

6. 帽子本体の6つのパーツを意識して描いてみる

 帽子構造

帽子全体をいきなり描くのではなく、6つのパーツを意識して一枚ずつ、パーツごとに描いてみます。

7.コツ:帽子と頭の間にできる隙間を意識

帽子構造

帽子と頭の間に出来る隙間も意識するとらしく見えます。

 

また帽子本体はキレイな丸ではなく、やや角張った丸で描いた方が帽子らしくなるのでオススメです。

 

ピタッとした帽子もカッコイイですが、あまりピタッとして丸すぎると、ヘルメットのように見えてしまうこともあるので、良いバランスを見つけてみて下さい。

ハンチングやサンバイザーの描き方

帽子のフチとツバの部分が描ければ、ハンチングやサンバイザーなど、他の帽子にも応用が利きます。

帽子構造

帽子構造

描くときのポイントまとめ

  • ツバが曲がってる帽子は水平に被らない
  • 顔正面から後頭部にかけて傾斜をつける
  • フチとツバで「へ」の字に曲がっていることを意識する
  • ツバの曲線はS字のイメージ(正面はW字)
  • ツバの両側面の角度を合わせる

最後に

帽子を描くときに一番難しいのはツバの描き方だと思います。


微妙なカーブの連続が表裏と絡み合い、形を捉えるのが難しいです。

今回は単純化して描き方を考えてみましたが、帽子の描き方は奥が深くて、自分もまだまだわからないことだらけです。

 

一番良いのは実物を観察することですので、帽子の描き方に興味をもった方は、ぜひ実物をよく観察してみて下さい。

私の描き方を第一のステップとし、皆さんそれぞれの帽子の描き方を見つけていただけば幸いです。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

著・画 ぐふ

イラストレーター・その他諸々

pixiv:http://www.pixiv.net/member.php?id=3074618

mail:gufuu6@gmail.com

 

 

End banner v9

イラスト制作の現場で生まれた育成プログラム


記事のシェアはこちらから!

おすすめ

新着