機能を伝えるデザインを考えてみよう! キャラクターを描き分ける方法 その3

機能を伝えるデザインを考えてみよう! キャラクターを描き分ける方法 その3

どのキャラクターを描いても同じ顔になってしまう……という悩みを解消するために「キャラクターを描き分ける方法」をご紹介します。全5回シリーズの3回目である今回は、具体的な描き分けポイントのひとつ「機能を伝えるためのデザイン」に着目してみましょう。

 

▼目次

前回のおさらい

機能を伝えるためのデザインとは?

顔の部位を把握しよう

部位を変形しよう

 パターン1|性別を描き分けよう

 パターン2|年齢を描き分けよう

 パターン3|その他

 

※今回は「顔」を描き分ける方法のみ扱っています。

 

 

 

前回のおさらい

キャラクターの描き分けで意識すべき点は「キャラクター設定の違いを描き分ける」ということです。

 

その為に、キャラクター設定をデザインに反映する方法を習得しましょう。

 

反映させる方法は

  • 違いを伝えるためのデザイン
  • 機能を伝えるためのデザイン
  • 性格を伝えるためのデザイン

の3つあります。

 

前回取り上げた「違いを伝えるためのデザイン」とは、メガネや髪飾りなど「他キャラクターとの設定の違いを明確にするために用意されたデザイン」のことでした。

 

前回の講座

 

機能を伝えるためのデザインとは?

今回のテーマとなる「機能を伝えるためのデザイン」とは、見たときに性別・年齢・種族など、キャラクターの行動内容が想定できるデザインのことです。

 

キャラクター設定のひとつである「どんな行動が可能か」という部分をデザインに反映させていきます。

 

顔の部位を把握しよう

私たちはキャラクターを見るとき、身体のパーツを見て、どんな行動をしそうなのかを想像します。例えば、お年寄りであれば動きはゆっくりだと思いますよね。

 

そのため、まずは身体がどのようなパーツでできているのか把握して、キャラクターの印象を決める要素を考えてみます。

 

顔の場合は目、眉、鼻、口、耳、髪、筋肉のたるみ、肌色の7つに注目します。実際にはもっと細かいパーツでできていますが、絵として顕著に表面化する部位以外は一旦無視して構いません。

 

部位を変形しよう

7つの顔のパーツは、サイズや形状などがキャラクターによって千差万別ですが、見る人達がほぼ共通の感覚として持っているイメージがあります。

 

たとえば、こわばった輪郭なら男性、丸い輪郭なら女性といった具合です。「見る人達が持つイメージ」を設定の反映に利用しましょう。もちろん、年齢や経験、国籍などによって持っているイメージには差異があります。なので、主なターゲット層は事前に想定しておきましょう。

 

パターン1|性別を描き分けよう

まずは、顔のパーツを駆使して性別を描き分けてみましょう。性別に関する一般的なイメージは、主に以下(図)のようなものがあります。
 

性別の描き分け方

 

性別の描き分け方

 

耳に関しては、性別、年齢で大きく変化しないので、この項目では取り上げていません。前回からの繰り返しとなりますが、顕著に違いが出る部分以外は、描き分けにおいて重要なポイントではありません。

 

性別の描き分け

これらのイメージを覚えていると、わざと男キャラクターに女性イメージのパーツを使用することで、中性的なイメージの男性にしたり、逆に男らしい女性を描くことも可能です。

 

パターン2|年齢を描き分けよう

性別の次に重要なのが年齢です。

年齢を描き分け方

 

年齢の描き分け方
 

年齢の描き分け方

 

これも性別と同様に、本来のイメージと異なるパーツを用いることで、童顔などのギャップ設定を描くことができます。

 

パターン3|その他

体調や体格、また国籍、種族などによっても想定できる「行動内容」が変わってきます。これらも性別、年齢と同様に、7つのパーツのサイズ、形状、色を変更することで見る人が持つイメージに近づけていきます。常に「こんなパーツなら、見る人はこんなイメージを持つ」というパターンをストックしておくことが重要です。

 

まとめ

機能を伝えるためのデザインで重要なのは、見る人に「このキャラクターはこんな行動をしそうだ」と意図した通りに伝えることです。

 

絵を見る人達は、自分が持つイメージと照らし合わせて、デザインから性別や年齢を読み取り、きっとこんな行動パターンを取るキャラクターだろうと想定します。

 

女の子らしいという設定を持つキャラクターを描いているつもりなのに「男の子かと思った」と言われてしまえば、失敗です。

 

重要なのは「らしさ」という一般的なイメージを最大限利用することです。「こんなキャラクターだと思ってもらいたい」という設計図に沿ったパーツを選びましょう。

 

次回の第4回目は、最後の描き分けポイント「性格を伝えるためのデザイン」を紹介します。

 

著・画 ゼロモモ

Pixiv|https://www.pixiv.net/member.php?id=5764826

Twitter|https://twitter.com/zeromomo0100
 

イラストの疑問や悩みをプロに相談してみませんか?

いちあっぷゼミは、デジタルイラストをプロの個別指導付きで本格的に学ぶことができるオンラインイラスト講座です。

keyboard_arrow_right 詳細を見る
いちあっぷゼミ