プロの現場で生まれた『イラストの描き方講座』

OK例とNG例で理解度UP! 線画で立体感を表現する3つのコツ

Title line
OK例とNG例で理解度UP! 線画で立体感を表現する3つのコツ

線画はラフの輪郭をなぞるだけで単純、と思っている方はいませんか?
良い線画のポイントは、ズバリ「立体感」と「遠近感」。
一度マスターすれば

  • 線だけで迫力を出せる
  • アニメ塗りやブラシ塗り(美少女塗り、ギャルゲ塗り)の仕上がりがUP
  • 塗りの効率が大幅に改善できる

など、嬉しい効果がたくさんあります。
今回の記事では、やってしまいがちな「NG例」も多めに掲載。
1ランク上の線画を描くコツを身に付けましょう。

 

 

物の構造を理解して線画を描く

実際に線を描く前に、描きたい物の構造を理解することから始めましょう。
当たり前に感じるかもしれませんが、実は重要なポイント。
「機械的にトレースした線画」と「構造と立体感を意識した線画」を比較してみましょう。

輪郭線を機械的にトレースしたNG例


 
輪郭をそのままトレースした線画です。
線は綺麗ですが

  • 画面手前に近いはずの親指、画面奥の4本の指の線画の表現が一緒
  • 手のしわが無い

という点から、立体感がわかりにくいですね。

構造と立体感を意識したOK例


 
立体感を意識して線に強弱をつけた線画です。

  • 線が重なる部分を濃く
  • 手のしわを描く

など、線だけで前後感を表現しています。

コツ1:線に強弱をつけて遠近感を描く

遠近感を表現する為に

  • 画面に近い(手前にある)部分:太い線
  • 画面から遠い(奥にある)部分:細い線

線にメリハリを付けましょう。
これは遠くの物は小さく、近くの物は大きく見えるという視覚効果に基づいています。
線の太さを変えれば

  • 複数のキャラクターを配置した時の前後感
  • 見せたい部分とその他の部分の区別

などの場合にも応用できます。
 
 
絵柄にもよりますが、キャラクターがメインのイラストの場合

  • 最も注目させたい顔回り(輪郭や目):太い線
  • 顔回り周辺の線:細い線

にすることで、顔の印象が残りやすくなります。

強弱の付け方

一筆に強弱を付け過ぎない

一筆分の線画に強弱を付け過ぎると、縮小して見た際に線がガタついて見えてしまいます。
 
 
髪の毛など、一筆で描く線が長い場合は太さを一定にし
ブラシの入り抜きを意識すると、抑揚と安定感がある線画
になります。
 
 

なめらかな線を描く

なめらかな線になるように、アートボード画面を回転させて
「常に自分の描きやすい位置」で描きましょう。
また、制作ソフトや自分の癖に合わせ
筆圧やブラシを設定することも大事なポイント
です。

コツ2:影ができる線は濃く、光が当たる部分は薄く

「線画を描く」ということを塗り工程のひとつとして捉えてみると
線の強弱の付け方がわかりやすくなります。

例えば、

  • 線と物が重なる部分
  • 凹み

などは陰影ができやすい部分なので
濃い線を描くことで、線そのものが影となり立体感が生まれます。
同様に、立体の出っ張った部分など直接光が当たりやすい場所は
薄めに描く
と良いでしょう。
 
 

コツ3:「素材」によって線画のタッチを変える

線画のタッチにより、物の質感を変えることもできます。
例えば、

  • 鉄やプラスチック製の硬い人工物:ツールを使った機械的な線

 

  • 布製品:フリーハンドで柔らかくなめらかな曲線

 
 
などの変化を付けてみると良いでしょう。

洋服のしわは全体より薄め

洋服のしわの線は、濃く描くと主張が強くなりすぎるので
全体の線より薄めに描いて、柔らかな仕上がりにするのをオススメします。
濃くなり描き過ぎた場合は
不透明度20%程度の消しゴムツールで軽く消すとなじみやすくなります

 
 

強弱の付け方の理解はトレースや模写で練習

線画の上達の鍵は上手い線画のトレースと模写。
絵を観察し、線の太さの選び方をチェックしてみてくださいね。

End banner v9

イラスト制作の現場で生まれた育成プログラム


記事のシェアはこちらから!

おすすめ

新着