普段の塗りからイメージチェンジ?宝石の塗り方を髪の毛に活かしてみた。

普段の塗りからイメージチェンジ?宝石の塗り方を髪の毛に活かしてみた。

あなたが綺麗と思うものはなんですか? 

例えば、星空や宝石を綺麗だと思った経験はあるのではないでしょうか?

 

この「綺麗」という概念を髪や瞳といったモチーフに落とし込んだら、その「綺麗」がモチーフに反映されるのか……という仮説をもとに生まれた本記事。今回は宝石の綺麗さを、髪の塗りに反映できるか試してみました。

 

▼目次

宝石のようにみえる塗り方とは

宝石と髪の塗り方メイキング

配色

グラデーション

1影

2影

ハイライト1

ハイライト2

反射光

オーバーレイ

キャラクターのまつげ 

 

宝石のようにみえる塗り方とは

まずは、宝石らしく見える塗りを考える必要があります。

そもそも、イラスト制作では明暗の形や量、色選びなどを変えることで、質感やテイストに違いを持たせています。方法は人によってさまざまですが、その中で「宝石のように見せる」塗り方があります。

宝石 髪の毛 塗り方

▲塗り方を工夫することで質感に違いを持たせています

 

宝石の塗り方については、こちらの記事で紹介しているので、この機会にぜひ合わせてご覧ください。

宝石と髪の塗り方メイキング

ここからは宝石の塗り方と髪の塗り方を同時に追って実践します。前提として、塗りがシンプルで分かりやすいアニメ塗りをメインで行います

配色

宝石 髪の毛 塗り方

まずは配色を決めて下塗りします。使用する配色は宝石と髪、共に同じです。

グラデーション

宝石 髪の毛 塗り方

透明感を出すためにグラデーションをかけます。

宝石 髪の毛 塗り方 

透明感は光源に対して、順当に明暗をつけると不透明感を出しやすいです。

宝石 髪の毛 塗り方

宝石の透明感はイメージしやすいと思いますが、髪の透明感については、毛先の透け感をイメージしています。その為、頭部は透けません。

1影

宝石 髪の毛 塗り方

1影を追加しました。宝石は透過する質感なので、影には下のレイヤーの色を活かせる乗算を使います

宝石 髪の毛 塗り方

モチーフとしている宝石の塗り方がベースになるので、頭部のような卵型に合わせて丸みを帯びさせるのではなく、少し角ばらせています

2影

宝石 髪の毛 塗り方

1影からはみ出ないように、明暗の境界・髪の落ち影を入れました。また、髪同士が重なっている個所に入れる影を入れると、髪の透明感が出しやすくなります。

ハイライト1

宝石 髪の毛 塗り方

ベースカラーや影レイヤーの色を活かすために、オーバーレイでハイライトを入れます。こちらも髪は宝石と同様にやや角ばらせています。

ハイライト2

宝石 髪の毛 塗り方

白~白に近い色で、最も明るいハイライトを入れます。ハイライトが白いほど透明なものへの反射は、下の色を透過しづらくなるので「通常」のレイヤーモードを使用しています。

反射光

宝石 髪の毛 塗り方

レイヤーモードの「スクリーン」「通常(不透明にする)」反射光を入れ、物体の周り込みや立体感を担保します。

オーバーレイ

宝石 髪の毛 塗り方

光源側がやや暗めの印象になっていたので、仕上げにふわっとオーバーレイを入れました。

キャラクターのまつげ 

宝石 髪の毛 塗り方

キャラクターのまつげを描写し、以上で完成です。

 

いかがでしたか?

宝石塗りを応用したことで、髪の毛に透明感を持たせることが出来ました!何かの質感や要素を意識するだけで、塗りのテイストを変えられるのではないでしょうか。本記事で、少しでも塗りを楽しむきっかけになれば幸いです。

 

 

1周年割引キャンペーン実施中!
イラストの疑問や悩みをプロに相談してみませんか?

いちあっぷゼミは、デジタルイラストをプロの個別指導付きで本格的に学ぶことができるオンラインイラスト講座です。

keyboard_arrow_right 詳細を見る
いちあっぷゼミ