髪の描き込みは毛を植えるような気持ちで 透明水彩で描く髪の塗り方

髪の描き込みは毛を植えるような気持ちで 透明水彩で描く髪の塗り方

今回は透明水彩講座第3回目。肌・目の描き方に引き続き、髪の塗り方について紹介します。

 

 

髪の質感は不透明色を塗り重ねることで、濡れたような色っぽい雰囲気を表現するのがポイントです。少し工程が多いですが、最後までどうぞお付き合いください。

 

▼目次

水彩画の使用色について

水彩画の持ち味を活かす髪の塗り方

 1.髪色のベースを作る

 2.毛の流れを作る

 3.印象にメリハリと手描きの質感を出す

 4.全体のトーンを馴染ませる(1)

 5.髪の立体感を出す(1)

 6.髪を描きこむ

 7.全体のトーンを馴染ませる(2)

 8.髪の立体感を出す(2)

 9.毛の流れを強調する

 10.全体のトーンを馴染ませる(3)

 11.仕上げ

 

 

 

水彩画の使用色について

髪使用色

目と同様に、肌との馴染みをよくするためジョーンブリヤンを使用します。

水彩画の持ち味を活かす髪の塗り方

1.髪色のベースを作る

髪

青みがかった黒髪に仕上げる予定なので、髪色のベースにはラベンダー(薄く紫がかった水色)とアクアブルー(白っぽい黄緑)、そしてライラック(薄紫)をベースに使用しました。

 

上からどんどん色を重ねていくのであまり影響はないのですが、ベースの色を何色か重ねると全体の印象が自然になるような気がします。

2.毛の流れを作る

髪

 

デイビスグレーを使って毛の流れを描いていきます。余り細かく描かずにざっくりと

3.メリハリと手描きの質感を出す

髪

4Bの鉛筆で影の一番濃くなるところを中心に毛の流れを描き足していきます。あえてシャープペンシルなどを使わず濃いめの鉛筆を使用しました。そうすることで荒目の粒子が画面にメリハリと手書き独特の雰囲気を出してくれます

4.全体のトーンを馴染ませる(1)

髪

髪全体にジョーンブリヤンを少し濃いめに溶いたものを広げます。一旦、ここまでの塗り重ねと鉛筆の粉を馴染ませる意味もありますが、画面に赤みを与えることで人間らしい温かみを持たせています

 

髪色がもう少し明るかったりする場合はジョーンブリヤンにネイプルスイエローやシェルピンクを混ぜて使ったりします。

5.髪の立体感を出す(1)

髪

あまり濃い色ではないので見えにくいかもしれませんが、巻き髪とボンネット(帽子)の影をラベンダーで塗りました。

6.髪を描きこむ

髪

0.2㎜のシャープペンシルで髪を描きこんでいきます。一本一本植え込むイメージです。

 

ここまで作った毛の流れに沿って、ツヤベタのように根気強く入れます。この工程が個人的には一番好きです。

7.全体のトーンを馴染ませる(2)

髪

もう一度ジョーンブリヤンを重ねます。

なんとなく1工程前(髪を描きこむ)の画像より「ぬめり」が出たように見えませんか?

 

毛をシャーペンで描き込む際、全体が濃くなって瞳に比べて悪い意味で目立っていましたが、この工程でジョーンブリヤンを使い、色を「潰す」ことによって落ち着きを与えます。

8.髪の立体感を出す(2)

髪

もう一度、ラベンダーでボンネットと巻き髪の影の部分を強調するように塗ります。少しジョーンブリヤンで髪が茶色っぽくなったので青みを足す意味もあります。

9.毛の流れを強調する

髪

インディゴとセピアの混色で影が一番濃くなる部分を中心に描き足します。

 

このときのポイントとして

  • 毎回絵の具を溶く濃さを微妙に変えて単調にならないように
  • 毛先の丸くカールしている部分も描き込みすぎてしまうと画面がうるさくなりすぎるので毛の中ほどまでで止める

この2点を意識しました。

10.全体のトーンを馴染ませる(3)

髪

またジョーンブリヤンなのですが、今度は全体に広げるのではなく、毛の流れに沿い濃く塗りすぎた部分を中心に、ぼかすように塗っていきます。

 

これを好みの質感に仕上がるまで何度か繰り返します

11.仕上げ

髪

最後に修正液と0.2㎜のシャープペンシルで細かい毛を描いたら完成です。

 

※本来は服など全体を仕上げたあとの工程ですが、髪のメイキングをするにあたり、先にしています。

まとめ

今回のポイントは

  • 肌色を何度も重ねて質感に「ぬめり」と「温かみ」を出す
  • 髪の描き込みは毛を植えるような気持ちで
  • 塗るところと塗らないところをつくりメリハリのある印象に

以上の3点です。

髪の描き込みは根気がいる作業ではありますが、肌色(ジョーンブリヤン)を塗り重ねたときの印象の変化はぜひ見てみていただきたいです。普段はデジタルで制作されている方も、是非挑戦してみてくださいね。

著・画 佐田鳩子

twitter:https://twitter.com/SataHatoco

tumblr:http://satahatoco.tumblr.com/
 

作家。透明水彩を使った少女画を得意とする。2014年より大阪・東京での展示を中心に活動。現在、絵に関するお仕事を募集しております。

イラストの疑問や悩みをプロに相談してみませんか?

いちあっぷゼミは、デジタルイラストをプロの個別指導付きで本格的に学ぶことができるオンラインイラスト講座です。

keyboard_arrow_right 詳細を見る
いちあっぷゼミ

いちあっぷキャンペーン

液タブ&CLIP STUDIO PAINTが当たるプレゼントキャンペーン実施中